輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

It's a Sony.

今「50年への第一歩」を踏み出したところなんです。50年後には”SONY”をブローバに負けないくらい有名にしてみせる。だからこの話はノーセンキューだ。

盛田昭夫

スポンサーサイト

日本人には不可能

「日本人には不可能と言われたミドル級での金メダルですが?」

「日本人にできないとは言われてたわけですけど、僕にできないと聞いたことはなかったので自分はできると信じていた」

村田諒太

大統領

「ヒラリー、僕と結婚して良かったね。もし彼と結婚していれば、今頃君は田舎のガソリンスタンドのおかみさんだ」

「もし私が彼と結婚していたら、彼がアメリカ合衆国の大統領になっていたはずよ」

ヒラリー・クリントン

アイデンティティ

自分は頭が良いわけでも、技術や体力に秀でてるわけでもない。それらをいくつか抜いても残るものがアイデンティティというものだろうか。

チャンス

どんなチャンスがどんな奇跡になるか、わからんから。

信じる

信じられようと思って生きてるわけじゃないから。 誰かを信じようと思って生きてるから。

追い風

先頭を走ると風を受けて走りにくい。 二番目を走ると風を避けて走ることができる。 でも、二番目を走ると一番になれる体力はつかない。 そして、一番を走る仲間がいれば、支え、支えられ、風は追い風にさえなるかもしれない。

会社をクビ

会社勤めした人とそうでない人の差。 ノートPC落とした、機密情報入ってるし、パスワードかけてないし!クビになる!?!! と、思うのが会社勤めしてない人。 めちゃくちゃ怒られる!始末書だorz が、会社勤めしてる人。 会社はなかなか社員をクビにはできない。 ただ、何度もやらかしてると、徐々にその対象になることは間違いないけど。

甘い人生

人生はよく、甘いふりをする

会社を良くするという選択肢

「会社が嫌なら辞めればいいじゃないか」よく簡単にそういうことを言う人がいます。あるいは「我慢するか会社を辞めるか、会社員にはその二通りの選択肢しかない」とおっしゃる方もいます。でもそれは間違いです。本当は3つ目の選択肢があるんです。それは言うべきことは言い、自分たちの会社を自分たちの手でより良いものに変えていくという選択肢です。

労働基準法 第一章 第一条「労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすべきものでなければならない。」「労働関係の当事者は、この基準を理由として労働条件を低下させてはならないことはもとより、その向上を図るように努めなければならない。」

ダンダリン

善悪

正義か悪か。 もしかしたら、そうではなくて、教育なのか。 誰しも自分の信じることに従っているだろう。 全然わけのわからない主張する人がいて他人を殺めることを厭わない人がいて、でもそれを「悪だ」と叫ぶ人がいて、なぜ真反対のことになるのか。 つまり善悪、正義か悪かという考えそのものが間違っているのではないか。 この世に正義も悪もない。ただ、他人を思いやったりすることの大切さ、他人の命を大切にすることの大切さ、それらが自分にどう返ってくるかを知ることの大切さ、つまり「教育」だ、教育の違いにこそ、戦争の引き金があるのではないだろうか。 マララさんは、偉い。

とりかえしのつかない事

悔やむ事も当然……
やりきれゆ思いも当然
失ったものは大きく得たものはない
……だが これは前進であるー!
戦った相手が誰であろうとと戦いは起こり今終わったのた!!
過去を無きものになど誰にもできはしない!!!
この戦争の上に立ち!!!
生きてみせよ!!!!

尾田栄一郎「ONE PIECE」

遅刻上司

昔、上司が遅刻することに文句を言ってた人が、いま、部下がいて遅刻してるのを見ると、何だかなぁ。

負担よりも責任の所在

誰かの負担になるから他人に任せる。 なんかアカン。 一時的には良いけど、責任者が責任持てなくなる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。