輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

人の良さ

嫌味に聞こえた時に「ムカつく」と思うか「何でそんなこと言うの」と思うかは大違い。

こんな何でもない日に

少し雨がぱらつき始めたら。 こんな何でもない日に僕の死を手向けて、また新しい人生を誰かのために捧げていく。

信じる力、信じるための力

自分で自分を信じられねえやつは何もできねえやつだ。自分を信じねえで行動できんのか?間違ったっていいじゃねえか、間違いをちゃんと体験して次にもっと信じて勝利すりゃな。 だから自分を信じるためには自分が正しいと思ってることをやることだ。自分が信じてもないことをやったって自信につながるわけがないし間違ったときも「ほらな」で終わる。それがどうした?次に正しいことやんのか?だったら疑心暗鬼でもいい、一番正しいと思うことやれよ。それが一番早く勝利に近づく方法だぞ!

一番腹ただたしいこと

何で同期なのに知らされない!どうして同じ部署なのに知らされない!それは個人情報だけど、それより大事なことを蔑ろにしてんぞ! とか怒ってる自分が一番腹立たしい!

ひと息つきながら

進もう。 空は青い。 JT

7日

たとえ7日しか生きられなくても、8日目も生きていたいと強く願いたい。

本当に偉い

本当に偉い人は、人を偉くする。

現実は変えられない

お前は現実を変えたんじゃ。

起きてしもうたことは変えられんのじゃったら、今こっから変えればええんじゃ。

お前は生きとる。まだ死んどらん。勝負はこっからじゃ!

流星ワゴン

It's a Sony.

今「50年への第一歩」を踏み出したところなんです。50年後には”SONY”をブローバに負けないくらい有名にしてみせる。だからこの話はノーセンキューだ。

盛田昭夫

日本人には不可能

「日本人には不可能と言われたミドル級での金メダルですが?」

「日本人にできないとは言われてたわけですけど、僕にできないと聞いたことはなかったので自分はできると信じていた」

村田諒太

大統領

「ヒラリー、僕と結婚して良かったね。もし彼と結婚していれば、今頃君は田舎のガソリンスタンドのおかみさんだ」

「もし私が彼と結婚していたら、彼がアメリカ合衆国の大統領になっていたはずよ」

ヒラリー・クリントン

アイデンティティ

自分は頭が良いわけでも、技術や体力に秀でてるわけでもない。それらをいくつか抜いても残るものがアイデンティティというものだろうか。

チャンス

どんなチャンスがどんな奇跡になるか、わからんから。

信じる

信じられようと思って生きてるわけじゃないから。 誰かを信じようと思って生きてるから。