輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

愚痴→ヒント

なんか人の話を理解せず、というか聞きも読みも見もせず、人の時間を奪い続ける若害。ほんとイヤになる。。 新人研修の講義に対して新人には良いところだけでなく悪いところも書いて欲しいと言ったら、「言えないんじゃない?」と。 いや違うよ。言ってもらえないかもしれないと思ったら、どうしたら言ってもらえるか考えなきゃ。 だから「別に反論とかダメな点を指摘するのじゃなくて、良くしていくのに足りないことを言ってもらうには、って視点なら?」って言ったら、「逆に改善点を言ってもらうならありかも」とか。 逆にじゃねえし。 人の言葉、考えを繰り返してんじゃねえよ。 自分で考えろよ。 という意味で、「社会人としても、自分の要望を伝えるのに大人の対応できることが必要じゃない?」と暗に伝えたけど、その人に向けた言葉でもあることを理解してなさそうだった。 次はどんなヒント出すかな……?

日本一幸せな社員

名古屋のホテル「ホテルアソシア名古屋ターミナル」の話を奇跡体験アンビリーバボーで見てて、お客様や社員に対する考えがとても嬉しい。

時には昔の話を

このブログも始めて10年超。
色んな人と触れ合ったりしましたね。

今も昔も何も変わってないですが、長く続けていることで、ブレなくなってきているかな?とは思います。
イビツな自分も、イビツな他人も受け入れる。自分も他人も信じる。

これからもずっと。
救うだなんて、おこがましいですが、ハッカ飴をなめてるかのように、少しでも気持ちをスッとできるブログに、人間になれたらいいなと思って、これからも何かを書き綴っていきます。

FC2トラックバックテーマ 第1809回「あなたのボーリングハイスコア!」

ボウリングのハイスコアは、235


ハイスコア


ちなみに、ボウリングであって、ボーリングではないです。



FC2トラックバックテーマ 第1809回「あなたのボーリングハイスコア!」


横柄な人

よく有名人を指して「あの人、好きじゃないんだよな」とか、「○○って面白いな」みたいに呼び捨てにする人がいるんですけど、なんか横柄で好きになれない。

図書館

最近、近所の図書館がリニューアルしたので、試験勉強がてら行ってみたら、結構、ステキな図書館だったので試験が終わってからも、ときどき雑誌を読みにいっています。置いてある雑誌は、技術系の雑誌もあれば、経済、政治、ファッション、スポーツなど多岐にわたり、ぜんぜん飽きません。

特に、平日夜は閲覧席も空いているので、座って読めるのもポイントです。あと一部の閲覧席には電源もあって、メモをパソコンにとることもできてグッドです。

残念な点は、休日にあります。休日は、こぞって朝の開館時間から閲覧席が満席になっちゃうんですが、そのあとのマナーがなってなくて、それを自浄するような仕組みもありません。どんなマナーかっていうと、席に荷物だけ置いて、外に出かけてる人や、寝ている人、パソコンで思い切り仕事している人などです。

ま、利用者のマナーを施設に問うても仕方ないと思う反面、良いマナーは良いスタッフから生まれると思うので、どうにかしてもらいたいです(投書できるなら、やっとこー)。

以上、大人な図書館の話でした。

くず湯がうめぇ

くず湯が、この季節はマジョリティー♪ (意味不明)

コピーライターにあこがれて

コピーライターって、いいよねぇ。

ただの文字なのに、そこに意味を込めて、願いを込めて、役割を与えて、それは言葉に生を与えてるようです。もし、自分にコンピューターが与えられていなかったら、もし興味を持たなかったら、コピーライターになってたかな?なろうとしてたかな?

言葉って凄い好きだぁ。

ところで、第4回SCCしずおかコピー大賞なるものがあるそうです。10月末締め切り。静岡県在住が条件って無理じゃんだけど、こういうのに応募して、第二の人生を歩んでもいいかな。

てなわけで

ひさーしぶりの近況報告。

ここ、何年かは、部下というか外注さんを相手に仕事することが増えてきて、単に自分だけができてればいい、という時代から、チーム全体ができなきゃならない時代に変わってしまいました。

個人の力には限りがありますので、うまくメンバーの力をひきだすことを覚えようと必死です。

そんなこんなで(?)、とある事情で、別会社さんに席をもらって、そこでも週に何日か働くようになったのですが、やっぱ、ストレスですなー。客観的に見て、自分が自分に対してプレッシャーかけてるところもありますし、周りからの期待もあったり、失望させたくなかったり、カッコつけてみたかったり、色々、大変です。で、案外、仕事はなかったり、でも、もともとのチームの仕事は火の車だったり。

いやぁ、仕事って、難しい。

というアレで、さっきのエントリにあったように、仕事って何だろうと考えていたわけです。

器用貧乏な鈍感力

まぁ、どうでもいいけど、昔「器用貧乏」なんてフレーズがあった。もう数年前に「鈍感力」なんてフレーズもあった。一見、ポジティブな言葉にネガティブな言葉を重ねたり、逆にネガティブな言葉をポジティブな言葉に重ねたり、、です。

それが何かって何もないんだけど、命名の仕方としてよくあるなー、と思っただけ。

タバコ

ストレスを発散するために、タバコを吸う。

そんなのは、カッコ悪い。

吸うなら、カッコ良く。タバコに失礼のないように。人に迷惑のかからないように。

カクカク

久しぶりに、このページのHTML/CSSをいじって、HTML Validator、CSS Validatorなどなどで、W3C準拠になりました。

で、その過程でブラウザの方言対応のためのコードも削除しちゃいました。

あと、border-radiusも結構、見栄えも変わるので、取り去って、カクカクの角っこをゲットしました。

それから、アクセス数のカウンタをもうちょっと上に上げました。マウスを合わせた時に下側に途切れちゃうからです。

あとは特に変更無し。

人生は要約できない

間抜けな事も人生の一部だ

Kinki Kids「全部だきしめて」

dinner: Ristorante Roccabianca

江口洋介さん、倉科かなさん主演のドラマで、いま、一番好きなドラマかもです。

昔、「王様のレストラン」ってやってたのに似てるけど、あの江口洋介さんが料理を作るときの嬉しそうな顔は、とてもとても好きすぎる。

まだまだ最終回まで時間がありますが、どちらのドラマも愉快で、痛快!

出てくる料理も独創的で食べたくなる、しかし自分でも手が届きそうな、、美味そうな料理!(ときに食材が手に入らないものも・・)

ぜひ♪