輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

エレベーターは「開く」ボタンだけでいい

昔、エレベーターのUIについて次の記事を書いた。
「開」さん、そんな文字、似合いませんよ。
でも、今にして思えば、「開く」だけで、いいじゃん別に。

理由1

「閉じる」ボタンを押したい理由がそもそもない。最近の扉は、だいたい自動で閉まるし、よりインテリジェントに人が出入りしているときは閉まらないようになっている(センサー素晴らしい!)。

「急いでいるときに閉めたい」ということも考えられるが、むしろ「閉める」ボタンを押そうとした瞬間に閉じ始めた経験の方が多い。あと「閉める」ボタンを押すことがマナーのようになっている節もあって、そんな空気を読む不思議マナーは消え去って欲しい。

あとは「状態表示」の役割を担っている可能性は否定しないが、それは、後述する。

理由2

「開く」ボタンだけで事足りる。センサー技術の進歩によって、勝手に開いたり、閉じたりはするものの、やはり誤動作があると怖いものもある。そこで「開く」ボタンは必要だと思う。

あと「理由1」の最後に書いた「閉じるの状態表示」については、単に、閉じようとしているときは「開くボタンが点滅状態」すればいいと思う。開いているときは「開くが光った状態」で良いし。閉じ終わった後の状態を表示する必要はないし。開いている最中は、ボタンが押されて光っているか、自動的に開こうとしているときなので、光らせておけばいい。

できるUX

「できない」をやるより「できるようにする」ことを考えた方がいい

ドアが閉まります。

エレベータで「ドアが閉まります。」っていうエレベータがありますが、「ドアを閉めます」じゃねぇ? とか思う。あるいは、「閉まりまーす♪」くらいがいいな。

[UI/UX] ただ使えればいいというわけではない。

ユーザーにとってはUIがすべて:UIデザイン原則をソシオメディアが語る」で、超ウケるんですけどー。記事内のソシオメディア取締役、上野学氏の発言がよ(以下)。

エレベータの内部にはそれなりに複雑なしくみがあるはずだが、ユーザーにしてみれば内部でどのような働きがあって動いているかを気にする必要がなく、シンプルな体験で合目的的に利用できる

あんなインタフェースごときを良い例として挙げるなんてどうかしてるよ。あんなの、外部仕様をそのまま形にしただけじゃんか。「8階に行きます」、「ドアをすぐ閉めたい」、「ドアを開けたい」ってのをそのままボタンにしただけ。ボタンの配置は、自然と下から上へ並べただけ。超高層ビルだと回数ボタンが複数になってたりするし。

さ、どこが素晴らしいのか、どこが感動するのか教えてくれ。

エレベータの醜悪さ

エレベータを素晴らしいインタフェースにしたいなら、そもそも開ける、閉めるボタンがすでに醜悪。しょっちゅう押し間違えますよね。それって、仕様が統一されていないからなのか、人間は左右の違いなんて瑣末ことだから覚えられないのか、いずれにせよ、押し間違いが発生する以上、インタフェースとしては良くない。

どうせなら、私が以前書いた記事「「開」さん、そんな文字、似合いませんよ。」のようにした方が良い。

もっと言うなら、「閉める」という行為は開いているときにしかできないし、「開ける」は開けておきたいときや閉まりかけのとき、閉まっているときにしか必要ない。それなら、「開ける」ボタンは扉の外側や、扉につけたりした方が良い。

「開ける」と「閉める」は、同時刻において、どちらかひとつしか使わないので、ひとつのボタンにすることも考えられる。だが、ひとつのボタンにした場合、ひとつのボタンにふたつの相反する動作を仕組むことになる。これはこれで醜悪だ。扉にボタンをつけるなら、「扉の開く方向へ向かう矢印」ボタンが良いと思う。「閉める」ボタンはむしろ特に必要ないんじゃないかと思う。だいたい自動で閉まるし、何ならセンサーを用意すれば、閉めるべきかどうかなどは簡単に測れるだろう。

慣れというのは、恐ろしい。普段、不便なはずのものを「便利だ」と勘違いしてしまう。あるいは、新しい便利なはずのインタフェースを「不便だ」と勘違いしてしまう。

ユーザーインタフェース、ユーザーエクスペリエンス

エレベータは、これほど醜悪なインタフェースなのに、どうして上野氏は例に挙げたのか疑問に思う。

よっぽど、鉛筆や消しゴムの方が素晴らしいインタフェースだろう。

最近、よくユーザーインタフェースについて考えるが、ユーザーインタフェースを創り出す上で、自分は次の6ステップを踏んでいる。

  1. 提出された外部仕様ではなく、ユーザーが最初に思った不満や不便さ不快さを知ること。
  2. 提出された外部仕様ではなく、ユーザーが最初にやりたいと思ったことを知ること。
  3. 知った上で、自分が同じ立場に立って、インタフェースを創ること。
  4. 創ったインタフェースを、要望や要求、何の仕様も知らない立場から使って、創り直すこと。
  5. そしてレビューを行い、また創り直したり、調整すること。
  6. そして、最後に、もう一度最初から考え直すこと。

これらの6ステップを踏んでいても、また後から要望が増えることさえある。それさえも見越せるかということも毎ステップで考える必要がある。インタフェースのデザイン、創作はこれほどに難しい。ただ綺麗だけでもダメだし、ただ要求を満たすだけでもダメだ。

そして、どんなに素晴らしいユーザーインタフェースができたとしても、評価されるのはまだ先だ。気持ちいいほどの操作感を追求して、気持ち悪いほどやりたいことを先取りしてくれる。そして今世紀最大の名画かと見まがうほどに、見栄えが美しくなくてはならない。もちろん、機敏に動作しなければならない。ユーザーの要求と潜在的な要求、そして無意識的な要求、そして要求されていないことを満たしてこそ、初めてユーザーインタフェースは評価される。

もっと、人間はユーザーインタフェースについて考えるべきだ。

もっと、人間はユーザーインタフェースについて不満を持つべきだ。

最悪なUI

どう考えても、iPhone や iPod touch のユーザインタフェースは最悪だと思う。
技術的にすごいのはわかる。
だがなぁ、指先で触れたときに、人間のもとにフィードバックが戻らないことは致命的だよ。
目を閉じて、操作ができるのか?

本体を傾けることで中のソフトウェアが傾きを検知できるそうだが、
だがなぁ、その検知したことを感触としてフィードバックできるのか?
見た目と感触が一致してこそ初めて、すばらしいユーザインタフェースだと思うよ。


■追記
この意味で、マウスとキーボードは、よくできていると思う。
(ただし、疑問に思うところがないわけではない。)
あ、普通の iPod の音量調整の操作方法も最悪。
白い円盤部分のところで指先をつけて、くるくる円を描くように操作するんだけど、
その円盤部分が実際回るわけじゃないから、やっぱりフィードバックが得られない。
なので、急に音量が上がったり、急に下がったりする。
ホント、最悪。

iPodのインタフェースがわかりづらい。

今の iPod のインタフェースって、タッチセンサーとかついてて、 知ってる人にはカッコよく、触ってる人の仕草もカッコよく映るのだけど、 でも、入力インタフェースとしては醜悪だと思う。

だって、説明書も見たこともない人にとっては、 どうやって操作したらいいかもわかんないもん。

ユーザインタフェースって、もっと自己説明的になるべきだと思う。 ※「自己説明的」って何か別の適当な言葉があったはずだけど、忘れた・・。

自己説明的なユーザインタフェース

「自己説明的」なユーザインタフェースを見てみよう。

(1) 自己説明的なユーザインタフェース ~ ボタンやスイッチ

たとえばボタンやスイッチは、押されると自分の状態が変わる。 そして自分の状態が変わることで、灯りが付いたり消えたりする。 そして自分の状態は、他人が見てもわかるようになっている。 (凹凸であったり、光の点灯であったり。)

(2) 自己説明的なユーザインタフェース ~ イヤフォン

たとえばイヤフォンは、つながれたら音がでる。 音が出ると人は気になり、耳を近づけ音を聴く。 勘のいい人は、耳の穴にイヤフォンが入りそうなことに気付く。 ほら、自己説明的だ。

というアレで

というアレで、本当に使いやすい、使えるユーザインタフェースを作るのって難しいです。 人によってさまざまな使い方ができてしまうものであれば、さらに難しいです。

でも、少しずつでも良いものを作っていきたいものです。

そうそう、Firefox 3 のナビゲーションボタンのように。

「開」さん、そんな文字、似合いませんよ。

kai1.png
そんな文字、似合いませんよ。
kai2.png

そう、その方がイイ。

See below

再三のZorg紹介。

Zorgほんとにイイっ♪

基本的なシステムは簡単で、自分が人に見せたい写真をZorgサーバーにアップロードします。アップロードも簡単でWEBブラウザでできるのはもちろん、専用のアップロードツールを使うことも可能です。自分の写真を登録した後は、写真の名前をつけたり、その写真のカテゴリをつけたりできます。

面白いと思ったのは、他の人が取った写真を採点できる機能です。採点といっても(以前にも書きましたが)、「きれい」「たのしい」「クール」「ユニーク」「かわいい」「クリエイティブ」という評価ボタンがあり、それをぽちっと押すだけなのです。評価自体が簡単なので、他人の写真を見ているときにすぐにポチッと押してしまいます。また、ポチッと押したことは、その写真を撮った方には「お知らせ」として届きます。

そうすると写真を評価された人は、評価した人の写真も見たくなります(少なくとも私は)。こうして評価し合う関係が生まれ、またそれが写真を撮るモチベーションをあげてくれます。たとえば自分がすごく気に入った写真を撮った方から「きれい」という評価を頂けたら、すごい嬉しいのです。だから、また自分も他人の写真に評価したくなるのです。また、評価してもらえるかもしれませんから。

いや、ほんとお勧めなので、ぜひぜひ、ぜひぜひ、ぜひぜひZorgしてくださいね。

違う観点から

偶然か、必然か、運命か、幸か不幸か知りませんが、私はプログラマなので、このZorgのインタフェースがユーザーの観点に立って作られていることに気付きます。すごい考えられていると思います。

たとえば、評価することがボタンを押すだけというのはユーザーの心理にとっては「押して行くか!」という気にさせるだけのインタフェースでありますし、「新着フォト」や「注目フォト」は当たり前のような機能ではありますが、基本を抑えていて尚且つ、Zorg運営者さんの意図しているものなんだと思います。

なかなかすばらしいインタフェースを作ることは難しいですが、私もがんばって新しいものを作り出していきたいです。

P.S.サーバーが少々、重いです。

すごいぞAvalon

ちょっとAvalonこと.NET Framework 3.0で遊んでました。

すげぇっす。
ボタンを斜めにできるし、簡単にグラデーション塗れるし
ラジオボタンを同心円状に並べたり、コントロールを歪ませたり、
そんなことが簡単操作でできるのでした。
つまり。

プログラマインタフェースデザインする時代は終わりを告げ、
インタフェースデザイナさんがデザインしたインタフェースを元に
プログラマが動作を実装する時代が来るのです。

いやはや。
VistaでのGUI開発は、さらに変わる・・そんな予感です。