輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

採用活動

別グループが出した中途採用の募集要項にいかにも曖昧で求める技術力を明記してないから、内容を明記するようにお願いした。 結果としてそれは反映されなかった。 理由は「そもそも募集要項に厳しめのこと書くと募集自体がないかもしれない」と大人の対応。 それは確かにそうなので別に良かったけど、結局のところ、技術力不足の応募が多くあったようで残念だった。 そして採用したのも残念ながら今ひとつな人だった。手数にはなるけど、今の事業を引っ張れるほどでもない。 何でその後始末を俺がしてる?!って思わなくもないけど、いいんだ。 あの指摘をしたお陰で少なくとも選考者側の意識は変わっただろうから。

会社をクビ

会社勤めした人とそうでない人の差。 ノートPC落とした、機密情報入ってるし、パスワードかけてないし!クビになる!?!! と、思うのが会社勤めしてない人。 めちゃくちゃ怒られる!始末書だorz が、会社勤めしてる人。 会社はなかなか社員をクビにはできない。 ただ、何度もやらかしてると、徐々にその対象になることは間違いないけど。

遅刻上司

昔、上司が遅刻することに文句を言ってた人が、いま、部下がいて遅刻してるのを見ると、何だかなぁ。

トラブル

トラブルによく見舞われる人っていると思いますが、自身では「何もしてない」っていう人も多くいらっしゃいます。
でも、やっぱり、何か原因があると思います。
それは、付き合ってる人だったり、自身の口癖だったり、良くも悪くも見た目だったり……
その何かと向き合うことをしない限りは、なかなかトラブル体質は解決しないかと思います。

なんで遅刻が多いの?とか、
なんでミスが多いの?とか、
なんで人から指摘されることが多いの?とか。。

新社会人の皆様。仕事は上手にサボりましょう。

って書くとキャッチーと、思ってます。(笑)

でも、結構、的を射ています。

仕事って、結局何のためにやってるか?って、問題を解決するためなんです。

たとえば、農作業を簡単にやりたい、より早く移動したい、楽しみたい、安全にしたい・・とかとか。

そういった問題を解決して行くのが、仕事なんです。

そして、究極は、仕事なんかしなくても、自分のやりたいことを、誰にも迷惑かけずに、思いのままに、思う存分、やることなんです。

ということは、仕事をすることの最大の目的は、仕事を減らすことなんです。

つまり、今やっている仕事は、二度、三度やるうちに、どんどんやらなくても良いようにしていって、自分の仕事を減らして行く。後輩にまかせたり、機械にまかせたり、あるいは別の答えや別の道筋を作ることです。

だから、仕事は、いかに上手にサボっていけるようにしていくか、それが大事なんです。

サボるための仕組みを作ることが仕事といっても良いです。

仕組みを作ったら、メンテナンスする必要が出てくることもあるので、逆に増えちゃったりもするんですが、それをまた減らす努力をすること、それが仕事だと考えましょう。

では、みなさん、一所懸命、仕事してください。

そして将来、仕事をしなくても良いように、仕事を続けていってください。

普通の会社

普通の会社になっていくのは、嫌だ。
自転車通勤を補助したり、ケータリングサービスがあったり、普通の会社にはない、トンがった会社でありたい。
って聞いた。
それは違うと思った。うちは、技術の会社だ。その本業でトンがっていくのは、いい。本業を蔑ろにして、上っ面だけ当たり障りのない、格好だけの会社になんかしたくない。
福利厚生ばかりが充実してて、やる気をそんなことでしか引き出せない会社にはしたくない。
1000年、会社を続けようと思うと、そんなちゃらんぽらんでは、いられない。もっと誠実に愚直に他人に奉仕して、その対価をお金と感謝でいただいて、それが社員のモチベーションになる会社でありたい。
上っ面ばかりの会社は、成長できない。だから、世界が変わったときに、周りに巻き込まれ、沈むしかない。

ゲーム業界に巣食う闇

たぶん、どの業界にもあることですが、私のつとめる会社は、多分にゲーム業界に関わりが深いため、それをベースに話をします。

業界団体について

ゲーム業界には、IGDAという団体があります。以下、Wikipediaより引用。

国際ゲーム開発者協会とは、コンピューターゲーム開発および産業を支援するNPO団体。 ゲーム開発者「個人」を対象としており、情報共有とコミュニティ育成を通した業界支援をミッションに掲げている。

この思想は非常に重要で、業界の発展に個人の育成は欠かせません。

もっと一般的なところの業界で言えば、経団連も業界団体と言えなくもないかと思います。

巣食う闇

もうそろそろ社会人10年目になるのですが、そろそろわかってきたことがあります。

業界団体で、ちゃんと活動されている方がいらっしゃる一方で、団体に参加していることで役目を全うしていると勘違いしている方がいるということです。

一緒にお仕事させていただいた、業界団体内では、それなりに有名な方の行動なんかは、酷いものでした。

一緒にお客さんのところにいって、話してきた約束事を平気で破る。会社にはまともに来ない。上司にも関わらず具体的な指示もしない。仕舞いには、お客さんとの定例ミーティングもサボり始める。

仕事の話してるのに、くだらない雑談を混ぜてきたり、ほんと最悪。ピーーーーーっ(自粛)

他の人でも、会社の仕事を放って、業界団体の仕事に行って、本当に本当につまらないレポート2行で終わらせてる人とか、ね。

まぁ、ここまで酷いのは、そんなに居ないと信じたいところですが、真剣に目の前の仕事に取り組んでる人の稼ぎで、何を楽しく食事してんだよって思います。

まとめ

さ、完全無欠に愚痴になってしまいましたが、つまるところ、業界団体の仕事自体は有意なものであると思います。

ただ、それに悪く言えば、ハイエナのようにぶら下がっている人がいて、何の役にも立っていないことを、いずれ解任されたり、社会的地位を失うのだとしても、もっと早く直さないと、この業界は低迷を続けちゃうだろうな、と思うですよ。

ゲーム作りは楽しいものだけど、そこに関わってくるハイエナには、本当に気をつけたいものです。

一言もねえ

愚痴ります。
まぁ、長らく無断で休んで、チームに会社に取引先に迷惑かけといて、一言もねえし。
よく席に座れたもんだ。

そんだけ、図太きゃ、精神的にも問題ないってもんだ。


でも、そんなことより、会社のが問題。
あんだけ他人に迷惑かけた人に、謝罪させないってのは、どういうこと?
同んなじように、迷惑かけた後輩には謝らせといて、そりゃねぇよな。
後輩が可哀想だよ。

そして何より、謝ることこそが、たとえ形式的にでも、それが一番のクスリだし、一番、周りに許しを与えるチャンスなのに、それがないのは、ヤバイよ。

ほんと、ヤバイよ。

有り難いこと

最近、仕事が忙しい状態がずっと続いていて、3〜4年かな、ずっと1つのことをやり続けています。

ま、それにはもちろん、ありがたいことに、お金を払っていただけるお客様がいるからこそで、今後もその期待を凌駕する製品作りをしていきたいものです。

そして、また、ありがたいことに、その仕事も規模が大きくなって、メンバーを補充するため、うちの会社では珍しく社外の方とずっと一緒にやっています。もうほとんど初期からです。そんなこんなで、外の会社にお願いして、それを進捗管理するという仕事にも携わり、日々、鍛錬です。

そして、またまた、ありがたいことに、そんな忙しい仕事とは別の仕事も振られるようになり、まぁ、不安でいっぱいではあるのですが、卒なくこなすようにしていたら、そんなことも続くようになり、久しぶりにゲーム機を触るお仕事もふってきました。

あと、ありがたいことに、上司(といっても営業部長や社長なんですが)から、「流石」とか「エース」とか「優秀な社員」とか言われて、どこの誰かはわかりませんが、「社員代表」への推薦もしていただきました。

もう、ここまで書くと自慢の他ありませんが、自慢でいいか。

辞める時

最近、思ってることなんですが、「辞めたいな」と思うときの状況が色々かわったなーって。

たとえば、昔は、人に怒られたり、やりたいことをやれなかったり、やりたくないことをやったりすることで、「辞めたいな」と思っていました。

今は、そうではなくて、別にそんな些末なことよりも、安全を確保しようとしない仕組み、健康を管理しない仕組み、社員の出社状況を把握し、改善につとめようとしない仕組み、そういったことに腹が立ち、「辞めたいな」と思うことがあります。

でも、同時に、こうも思う。

それを実現するのも、また自分の仕事だ

と。

ただのプログラマーであり、研究開発職なだけで、会社側の人間ではないけど、でも、そんな区別、そんな線引きしてたら、自分にとって働きやすいところになりはしない。

辞めたい気持ちは、ときどきひょここって出てくるけど、それが良くなるサインと思って、これからも辞めたくなくなるような会社作りに、社会作りに、貢献していきたい。

ライフワークバランス

うちの会社は時間にルーズ。

朝の遅刻、会議の延長、仕事の残業。

時間は、この世で一番、取り返しようがないものだってことを理解していない。

朝、用事があって探しても、本人遅刻。予約とってる会議室、前の会議が長引いて使えない。締め切りを守れない、仕事が遅れたことを報告しない、仕事が遅れていることを管理しない、残業が増えていることを解決しようとしない。

朝については、「早く出社したくなる会社にしよう」で全部解決。

会議室に関しては、阿呆なだけだと。

残業については難しいんだけど、定型的な仕事であれば、時間が決められるけど、失敗もあれば、やり直しもある、実験的なこともあるし、考えることもあるから、多少、残業することもあると思う。

でも、残業が多すぎることは、上司の責任だと思う。

上司が、問いただして、正していかなきゃいけないと思う。

人生、仕事がすべてじゃないんだから。

いや、むしろ仕事は人生のための手段に過ぎないんだから、もっとライフを大事にするための時間節約をしようよ。

サービス残業

サービス残業が悪いこととして捉えがちだけど、自ら、やりたいと思って、自ら、やっているのであれば、それは賞賛されるべきだと思う。

でも、それでも人間は、美容と健康のためにも生きている。

それを蔑ろにしているようであれば、止めた方がいい。

会社の災害対策

こないだ結構きつい台風があって、会社からも「慎重に」っていう連絡が一部の人には来てたんだけど、それについて自分は、「全員に連絡しないのは、おかしい。会社にいる意味がない。会社をやめたくなる」と言いました。

まぁ、わざと強めに言ったので、「そこまで言う必要はないんじゃないか」と思う人がいると言う前から思っていたのですが、実際に面と向かって言われると、やっぱ「わかってないなぁ」と思ってしまう。

だって、仕事を「会社で」やるのって、みんなで協力して自分一人ではできないことをするためで、単にお金を儲けるだけなら別の方法もあるしねぇ。あと「会社で」あり続けるのに必要なのは所詮は社員だから、社員の安全や生活に気を使うのは当然でしょ。

あと、その面と向かって言ってきた、上司(事業部の副部長)は「そんなの自分で考えて行動すれば」とか言ってて、まぁ、それも先に考えてて、でも確率の問題でさ、言わなくても行動できる人は確かにいるんだけど、でもさ新人にありがちだけど、「絶対、行かなきゃいけない」って思っちゃう人もいるでしょ?

別にいいけど、ね。

でも、自分の考えは正しい。だって、それが一番、尊敬する人の考えに近いと思うから。

仕事は減らすことがすべて

どんな仕事でも、「減らす」ことが最大の仕事であります。

どんどん貯め込むのは、当然、仕事ではありません。どんどん作り出すことも、それは仕事と言えるかもしれませんが、それもやはり仕事ではないと思います。

だって、仕事って、多かれ少なかれ、何かの問題を解決するための労働ですから、作るのも、貯めるのも本来は仕事じゃなくて、ただ、今の困難を解決することのみに従事すべきだと思います。

そんなわけで、この視点に立って考えると、メールを貯めたり、状況を報告しなかったり、どんな些細なことでも、「待つ」ことは何も解決しないでしょうから、それは仕事じゃないです。

もちろん、例外は認めます。