輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOSHIBA RD-E301 48800円でお願いします。

HDDレコーダーを買いにビックカメラに行った。
そこで、目を引いたのが、LG電子のLDRH51と東芝RD-E301でした。
値段はそれぞれ、19800円、59800円で、LG電子のがダントツ安かったです。
ですが、安いには安いなりの何か理由があると思っていたら、デジタル放送に非対称でした……Σ( ̄□ ̄;)。

一方、RD-E301は価格の上に打ち消し線が引いてあり、59800円よりは安くなることが目に見えていました。
なので価格交渉のため、ネットで安値を調べていると、Joshinにて48800円で売っていたので、コレだとばかりに店員を捕まえて、価格交渉……!



45000円……?
さらにポイント15%……?


購入で。



さすがに「48800円でお願いします」とは言えなかったですという、今日の午後。
スポンサーサイト

そこが変だよ社会人

はぁ。
幹事なんてやってると、急に来れなくなる人とかいますよね。
で、代役を誰かにお願いするのも幹事としてやるときもあるんですけど

「ごめん。急だから行けない。」

って何? 変だよ。

急にいけなくなることはあっても、
明日夜と急だからという理由で送別会に出席できないの?

単に面倒臭いだけなんじゃないの?

行進前夜

10年後の変化はすでにおこっている

テストドリブン

テストからやるというのは、どうだろう。
そればかりで安心してしまいはしないだろうか。
テストばかりが増えはしないだろうか。

それより、今回の修正が波及する箇所を想像できることが重要ではないかと思う。

それが、なかなか難しいから、テストドリブンするのかもしれない。

心はまるい。

人の心は、ふしぎなもんだね。
泣いて、笑って、悲しんで、
さみしかったり、切なかったり。
ころころ変わって面白いね。

映画ワンピースTHE MOVIE2008を観た!

先週、100円引き券を握り締めて、朝から、お子さまに紛れて映画「ワンピース」を観てきました。

内容は、もともと週刊少年ジャンプで連載中の「ワンピース」から、チョッパー篇を抜き出したものです。
が、コミックがすごい売れているからか、内容には手が加えられて、連載を読んでいた人にも楽しめる内容になっていました。
たとえばワポルに兄がいるとか、ビビは出てこなくて(残念)、フランキーとロビンが出てくるなどして、前後のストーリーを知らない人でも楽しめるようになっていました。

上映時間は120分と長いですが、そのぶん入り込みやすく、切なくて、悲しくて、面白くて、勇気っけられて、たまらなく泣きそうでした。
絵は残念な仕上がりでしたが、さすがワンピースといえるスケールでした。

と、いうアレで、ワンピースTHE MOVIE2008は、10段階で9点。
もうちょい絵をがんばってくれれば神な領域です。


次回2009がオリジナルストーリーらしいので、超楽しみ!

以上

たった、ひとつのことかもしれない。

プログラマに必要なことは、たったひとつのことかもしれない。

1. 知りません。

この業界、知らないことの方が圧倒的に多い。本当に知っていることなんてほんの一握りで、概要を知っているくらいの技術が多く、そして全く知らないことが圧倒的に多い。だから、「知りません」は言い訳にならない。言い訳にできない。知らないことさえ想像してやっていかなければならない。

2. 納期に間に合いません。

本当に間に合わなかったのか、自分に落ち度はないのか、振り返ってみても納期に間に合わせられた要因がひとつもない。そういうときもあるだろう。だけど、それは違う。納期に間に合わないような仕事を引き受けてはいけない。自分が既に着手している仕事と天秤にかけて、両方を間に合わせられるなら引き受ける。あるいは間に合わないのであれば断る、はたまた一方を延期するという決定を下さなければならない。先を読まなければ、やっていけない。

3. ソースコードを見せてください。

ソースコードを見れば、多くのことを知ることができる。どういう仕組みで動いているのかわかれば、どういう扱いをすればいいかがわかる。でも、それはプログラミングじゃない。ソースコードがないときに、いかにどれだけの知識を得られるか、ソースコードを読めないときに、いかに仕様を想像できるか、いかに動作を予測するかが必要だ。それができない人には、ソースコードがあったとしても何も読み取れない。ソースコードなしに、どれだけのコーディングを創造できるかだ。

それは、たったひとつのことだと思う。

プログラマに必要なのは、きっと「読む力」だと思う。先を読んで、見えないものを読みきって、知らないことさえ読んでいく。さらにバグさえも読みきらなければならないし、お客さんの使い方や、意図・真意さえも読み取らなければならない。

きっとプログラマって、本当に読んでいかなければならないのだと思う。

情報料

情報を提供して金を得るなんてやめよ?
情報を集めて金を得るなんてやめよ?

情報は人の下に自然と集まり、
人は自由に情報をもって新しきを成す。

そうあるべきだと思う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。