輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

なぜグルメ情報サイトは流行りきらないのかについて。

今日、電車に乗ってて「グルメ情報も●●」という広告を見た。

「確かに●●は、ユーザー数も多そうだし、グルメ情報も載ってそう・・・・・。ん? そういや、この手の考えには、何度か覚えがある。そういや▲▲のときもそうだった。」

というアレで。

なぜグルメ情報サイトは流行りきらないのかについて。

まぁ、答えは簡単で、単に店の数に比べてレビュアーの数が圧倒的に少ないからです。

例えば、私が働いている表参道のグルメスポットを検索してみると、店舗数は100程度で、各店舗のレビュー数は多くても20~40程度、通常10件以下のレビュー数。東京の中心地でさえ、この程度なので、地方なんて目も当てられないでしょう。

そもそもレビューするのって、結構、面倒です。みんなが欲しい情報なんですが、お店側が情報を提供するには広告費のようなものを徴収されたり、お客さんが情報を見つけるにも上記のような程度の情報では信用を得るには足りないし、情報が整理されてない感があります。

そんなこんなで。

どうすればグルメ情報サイトが流行るのかについて。

そもそもレビューって、お店が用意するアンケート用紙には書きやすいですけど、お店の外には広がらないですし、グルメ情報サイトが用意するレビューページは書き込むのが面倒だったりしますが、色んな人の意見をみんなが共有できることに意義があったりします。

それを踏まえて、ふたつのハイブリッドを考えてみましょう。アンケート用紙のような手軽さで、みんなが情報を共有できて、色んなお店の情報が拾えるようなものを。

みんあが情報を共有できることや、色んなお店云々は、今のグルメ情報サイトにもできていることですから、残りのひとつ、アンケート用紙のような手軽さで書き込めることに的を絞りましょう。

私が思いついたのは、ひとつ。携帯電話の赤外線機能でアンケートの送受信ができるシステム。解答は数字ボタンを押せば解答できるくらいの手軽さで、同時にネット送信。そしてアンケート解答後には、お店側からお客さんへのクーポンが発行されるくらいのリターンがあるシステム。

お客さんは手軽にアンケートができて、みんなで情報を共有もできるし、クーポンがもらえる。お店側も、今までホットペッパーに載せるよりも安価にウェブにお店の情報を載せられて、かつアンケートまで回収できる。料理に対してストレートな評価を得られる。

まぁ、ただ・・・、携帯電話にそういう機能がないとできないし、集計を行うサイトを運営するサイトがグルメ情報を独占してしまうし、何かもっと詰めないといけないことは確か。

ま、誰かがこれくらいのことは実現するだろうとは思うけど。

ゆずライブ

何か、帰ってきて、いまだ夢心地です。
あの高揚感がどうにも現実感がなくて、でもしっかり覚えていて、
そして、二人の横浜トークが聞けて良かったです。

そしてそして、ここからネタバレ。
続きを読む

正しいことが正しいのか

理論的に正しいことがすべて正しいとは思えない。

難しいもんだなぁ。

器が小さい

器が小さいというか、器のほうが小さいんじゃない?

君が大きすぎるんだよ。

才能の無駄使い

100円を節約することを考えるより、1000円を得ることを考える。

100円のために、その才能を使うことは無駄ではないですか。

ミソジニーとミサンドリー

よくわかっていないけど、女性らしさへの軽蔑、憎しみのことをミソジニー。男性へのそれはミサンドリーというらしい。けれど、別にミソジニーやミサンドリーって、性別に起因するところのものではない気がする。

(女性からは無駄にしか思えない)男性のどこか子供らしさの抜けない性格や、(男性からは無駄にしか思えない)女性の着飾り具合なんかも、結局、その男性/女性との関係やバランスの問題で、時に愛らしく思えるかもしれない。

別に男性より女性の給与が多くたっていいじゃないか、女性より男性が家事上手くてもいいじゃないか、と考えないこともないんだろうけど、自分が直面してしまうと、物凄く劣等感に苛まれたりするわけだけど、でも上手くいえないけど、結局のところ、自分の立ち居地を相手との距離感に応じて動かせられれば、変にストレス感じたり、仕様も無いことでケンカしたりもしないかもしれない。

まぁ、引きこもりの自分には、よくわからんけど。

空を飛ぶため、有給とります。

面白いものを発見。

空を飛ぶ、3つの方法。」(※18歳未満閲覧禁止)のダウンロードページで、「休暇申請書」を発見。

期間:

平成 20年  5月  30日~   平成 20年  5月  30日( 1 )日間
もしくは、その身ひとつで空を飛べるようになるまで。

連絡先:

探さないで下さい。

とか、面白ー。

というか、タイトルが良い感じ。気になるけど、18禁かぁ・・・。

minori "ef - the latter tale"

ちょっち、えっちぃゲームのデモムービーなんですけど、新海誠氏が手がけています。

18歳未満の方は、ぽちっとしないように、お願いします。

WMV版は、minori公式サイトのDownloadページから。

表現が綺麗。だけど、ちょっと飽きてきた感じもする。最初ほどのドキドキ感がない。

腹立つ

うちの会社、4月から給与体系、勤務時間が変わりました。

以前は、完全裁量労働でした(新人の最初3ヶ月は別)。給与も当然残業代なしで、代わりに研究開発手当てというものがついていました(8万ほど)。ところが、これが一部社員はフレックスタイム制になり、給与からは研究開発手当てがなくなり、残業代が支払われるようになりました。

(補足:以前の裁量労働制のときも、ある一定時間残業すれば、残業時間はついていましたけどね)

腹立つ

で、腹立つことに、フレックスタイムになったとたん、出社時間が1時間早くなって、帰宅時間が2時間くらい遅くなってる奴がいるんですよ。

 どー ゆー こと ?

真面目に働いてる自分がバカらしくなんてなりゃしませんけど、そんな あほう を見てると気分が悪い。呆れる。非常に、物凄く。それに、いま会社の業績って、そんな良くなくて、みんなで頑張って行こうねってときに、寝てる奴はいるし、勤怠切らずにゲームして残ってたりしてるし、ゴールデンウィークは有給使ってコンボしてるしさ!

個人だけが受ける利益ばかり望むなよ。他人を通して受ける利益のことを考えてくれ。もっと頭使え。

まぁ、いいさ。自分は自分のコードを書き続けるさ! 死ぬまでプログラマだ。

大吉

気になるなら、「大吉」がでるまでひけばいい。

天才は意識的な意識

天才と凡才の差って、単に無意識の数の問題ではないかと思う。

天才は、誰もが無意識に行うことにこそ疑問を持ち、意識的に考えて、意識的に答えを出す。

凡才は、それを無意識だとすら思っていない。

関連記事

ここにいます。

このブログを初めて、まだ数年。
数年の間に、つながりのあったブログは様々消えた。

でも、私はここにいます。

それが両方できたら、最高格好いいだろうが。

不得手だとか専門じゃないとか、言い訳してんじゃねーぞ。
生きてんだから、頑張れよ。つーか、死んでも頑張れ。あたしは頑張ったぞ。

西尾維新「零崎曲識の人間人間」より

熱が出た。

002.jpg

久しぶりに熱が出た。興奮して、写真まで・・・・・・寝るべきか。

技術

それを実現できないという理由なんか聞きたくない。

それをやれる人間がいるのか、なぜやれる人がいるのかを聞いてみたい。