輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

最悪なUI

どう考えても、iPhone や iPod touch のユーザインタフェースは最悪だと思う。
技術的にすごいのはわかる。
だがなぁ、指先で触れたときに、人間のもとにフィードバックが戻らないことは致命的だよ。
目を閉じて、操作ができるのか?

本体を傾けることで中のソフトウェアが傾きを検知できるそうだが、
だがなぁ、その検知したことを感触としてフィードバックできるのか?
見た目と感触が一致してこそ初めて、すばらしいユーザインタフェースだと思うよ。


■追記
この意味で、マウスとキーボードは、よくできていると思う。
(ただし、疑問に思うところがないわけではない。)
あ、普通の iPod の音量調整の操作方法も最悪。
白い円盤部分のところで指先をつけて、くるくる円を描くように操作するんだけど、
その円盤部分が実際回るわけじゃないから、やっぱりフィードバックが得られない。
なので、急に音量が上がったり、急に下がったりする。
ホント、最悪。

特許・商標・著作権は10年で放棄してください。

音や動きにも商標 特許庁検討
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2008072800696
http://bizex.goo.ne.jp/news/jiji-080728X577/

本来、著作権の保護や特許・商標の確保というものは歓迎されるべきだけれど、
認可する側が無知では痛快すぎる。
すべてのコンテンツをもってして、特定のコンテンツが
ユニークかどうかなんて誰に測れるというのか。

それに、この手の権利には、きっちりとした有効期限を定めるべきだと思う。
きっちり、10年でいいと思う。
10年経っても新しいコンテンツを生み出せないようならそれまでだ。
と、自分に対しては、厳しくそうしたい。
(というか、基本、自分の作ったコンテンツ(プログラム)は、
 会社に帰属するので、その辺は無頓着。
 だけど、個人的に作ったものは、結構はじめから権利を放棄している。
 だって、ぜんぜんクリエイティブじゃないもの。)

メモ、夏場のワックス

夏場は、ワックスが取れやすいので・・・
ワックスに水スプレーして、ちょっと湿らせる。
髪全体になじませて、スタイリング。

スタイリング後、手についたワックスは、
なるべく落とさないように手を洗う。

ワックスが取れ始めたら、手に水をつけて
髪のワックスをまた伸ばしたり、
手に残っているワックスを水で延ばす。

また、ハードスプレーを併用すると良い。

なぜ、隠さねばならなかったのか?

もし、宇宙人が何度も地球に来ていたとして、
もし、NASAがそれをひた隠ししていたとして、
なぜ、それを隠さねばならなかったのか?

衝撃的過ぎるニュースだったからだろうか?
このニュースを知らせることでの世界への影響を測れなかったからだろうか?
いや、違う。それなら、これまでの60年の内に影響くらい測れるだろう。

それとも軍事目的での地球外生命体を利用しようとしたのだろうか?
いや、それは矛盾している。
軍事的に利用できるくらいの生命体であるなら、とっくに世界はアメリカが掌握している。
それに地球人が地球外で生命体を発見していない段階で、地球に来るような生命体が
地球人ごときに利用されるとは思えない。

そもそも、なぜアメリカでしかこんな話を聞かないんだろう。
簡単なことだ。

答えは決まっている。

♪駄目な自分を愛せはしない。強く生まれ変われ。やると決めたら背伸びはしない。体ひとつでぶち当たれ。

音楽にとって、懐かしさは最高のスパイスか。

パラダイス鎖国

孤立するのはヨシとしよう。

ただ、排除するのは間違っている。

孤立しても他国の文化を吸収し続けることができるのであれば、パラダイス鎖国でもいいんじゃないかと思う。

Operaを使わない11の理由。

印象だけど、

  1. カスタマイズできないこともないけれど、必要なアドオンが足りないように思える。
  2. 低セキュリティっぽい。ユーザーが少ないため、セキュリティホールを探す人が少ないです。そのため、一度クラッカーの手にかかれば、目も当てられない状況になるでしょう。
  3. 開発ツールの機能が弱そう。一応、DragonFlyっていうのがあるらしいけど、いまいち。
  4. 開発ツールがデフォルトで入っていて、ウザそう。不必要なときに不必要な開発ツールを呼び出してしまいそう。
  5. 結局、履歴検索は不便そう。そもそも検索キーワードがわからないことの方が多い(微妙に違う言葉で検索しちゃうのよね)。
  6. キーボードショートカットの配置がやばそう。「2」でタブ切り替えとか、「z」で戻るとか、フォームを打っているときにヤバそう(フォーカスがフォームから外れたときにね)。いうか、アクセスキーとかぶったら、ヤバす。
  7. ・・・携帯&Wiiでの表示確認・・・というか、そんなことはしねぇ。一部のプログラマだし、スタイルシートを切り替えちゃうよ。
  8. スピードダイアル・・・・、そんなに登録ページに移動することがないよ。基本的に検索ツールとしてのウェブだからね。
  9. RSS・・・・ブラウザで確認したくねぇ。。面倒。UIもイマイチ。
  10. デフォルトで、User.jsなんかでユーザーのカスタマイズを許すのはちょっと、あやういよ。
  11. メールは、メーラで見るべし。

なんか、基本的に、どのブラウザもそうだけど、重要な機能が抜けてると思う。間違えて閉じてしまったときに復元できるとか、フォームの内容を自動的にバックアップしてくれるとか(Sendするまでね)、むしろブラウザ上でのユーザーログインとか(マルチユーザーなのは、OSにもブラウザにも必要だよね)、戻る進むとか更新とかじゃなくて、何かあるじゃん。ブラウジングは、戻るも進むも更新するのも変だよ。ただ見たいだけなの。さっきのページを見たいだけなの。前の記事/日記を見たいだけなの。関連するページを見たいだけなの。戻る気持ちは、全然ない。進むなんて、どこ行くんだよ。更新なんて、管理者しかしないよ。

と、毒づいてみましたり。

ちなみに、Opera云々の元ネタは→http://it.kndb.jp/entry/show/id/2333

人生を1日にたとえると

人生を1日にたとえるなら、僕は他人より4日ほど遅れていると思う。
だから、他人より速く進まねばならない。

テンプレートが・・

テンプレートをまた性懲りもなく変更中なんで、ときどき変な表示になります。
ちなみに、コメント欄が出てこないのは仕様です。

あ。IE7では表示がずれます。
IE8以降や、Firefox 2以降、Safariをご使用ください。
(CSSの「display: table;」スタイルに対応している必要があります。)

[Haskell] HelloWorld!

とりあえず、Haskellを始めます。

とりあえず、Hello World はこんな感じ。

main = putStrLn "Hello, World"

コンパイルするには、GHCを使ったんで、以下のコマンド。

ghc --make hello.hs -o hello.exe

Haskellの特長

Haskellは、関数型プログラミングで、遅延評価を前提にしている。

そして、C/C++/C#/Javaなどのプログラミング言語が得意なところが不得意で、不得意なところが得意という特長がある。ようわ、使いどころさえ弁えれば、とんでもなく強力な言語ということ。

うぬ。がんばろう。

GKと呼ばれる、由縁

GK・・・「GateKeeper19.Sony.CO.JP」・・・
未だにあるんだ。。。

真・デキる仕事人

コンビニで雑誌を立ち読みしてて、こんなの見つけました。
「デキる仕事人は、朝洗濯をして、その洗濯中にゴミを出す」
「デキる仕事人は、朝4時間に残業ならぬ前業をする」


うん、でもね、それはあくまで「デキる仕事人がやること」なんだよね。
デキない人がやって、「デキる仕事人」になれるわけじゃないんだよ。
デキるようになりたいという気持ちは大事だけれど、
本当にデキるようになりたいのだったら、
彼らのように、自ら考えたメソッドを自ら実践するのが良いと思う。
真似から入るのもいいけれど、所詮、蛙の子は蛙を超えられない。

デキる彼らがゴールであるなら、それでも良いが
時代に影響を受けない真のデキる仕事人になりたいなら、
自ら考え、自ら行動せよ。

FC2トラックバックテーマ 第535回「クレーンゲームで取ったことのあるもの!」

「虚しさ」かな。

FC2トラックバックテーマ 第535回「クレーンゲームで取ったことのあるもの!」

オーバーテクノロジーへの躍進

ウェブ関連の技術は、まさに日進月歩という感じだけれど、
なぜ日進月歩で進めるのでしょう。
ま、答えはたぶん、「在庫がない」から。

ソフトウェア業界全般も、日進月歩とは言われますが、
いかんせんソフトウェアだけで生きていける業界なんて、
たかだか数種類、ウェブテクノロジーに比べれば
日々の進化はわずかなものです。

ですが、ウェブテクノロジーに限っていっても、
絶対的な進歩の速さには限界があります。

人の学習するスピードの限界もそうですが、
安全性や保全性などの確保が必要であるための足かせがあります。

そして何より、その時代に得られるすべての知識を前にして
人間が思いつけることなんて、そうは変わりません。
1歩や2歩くらいは人より新しいことを思いつける人でも、
50年先の人が思いつくことなんて、とても人間業ではありません。


オーバーテクノロジーを得るには、
いったい何を考えればいいのでしょう。
いったい何に向かって考えれば良いのでしょうか。

RSS

RSSってご存知でしょうか。
うちのブログも「http://whoinside.blog3.fc2.com/?xml」というアドレスを、
RSSリーダーというソフトに入れておくと、
うちのブログが更新された際に、更新通知を受け取れます。
(つまり「更新されてないのに訪問してガッカリ」がなくなる)

Thunderbirdなどのメーラや、Firefox/Internet Explorer7などのブラウザでも
RSSを見ることができますので、ぜひお試しを。


ちなみに、このブログで公開しているRSSは、2008年7月現在の表示では、
左上にある「最新記事のRSS」や「最新コメントのRSS」、「最新トラックバックのRSS」から
RSSのURIを取得できます。

最近のスパムコメントの傾向

まぁ、スパムコメントがやかましいくらいには来るので、コメント/トラバを承認制にしているんですが、
それでもスパムコメント自体は減らない傾向です。

そして、最近の内容としては、
「えっちぃことをして、お金を払うよ!」的なのばっかりで、
やっぱ、クリエイティブなスパマーって数人しかいないんだろうなと思った今日この頃です。

面接官になった日

なった。
ついに面接する側になってしまいました。

というわけで、俺暦、初めて面接官になった日、2008年07月15日。



はじめ、総務(兼、採用担当)のところにメールと履歴書が送付されてきます。
それから開発の上位層に履歴書が流れて、そこから履歴書の内容を見て
もし採用したときに、どの仕事を割り振るかを考えます。
こうして、適職を考えることで、その適職に相応しい面接官を決めます。
(ま、その前に、履歴書で落ちることもありますが)

今回の場合は、たまたま自分の分野だったので、
自分(と他2名)が面接官になったわけです。



で、前日までに面接官(つまり自分)のところに作品と履歴書が回ってきて
それらを一通り眺めます(作品がある辺りが、ゲーム業界な感じ)。
履歴書を見ていくと、細かなところから大きなことまで、疑問が浮かんでくるので
面接にあたっての質問をいくつか用意しておきます。
(ちゃんと質問を考えてメモしておかないと、面接時に聞けなくなるのでヤバす。)

そして当日、面接時に先の質問をなげかけたり、臨機応変に質問したりします。


質問は、基本的な項目と面接官が考えた項目(先の奴)があって、
基本的な項目は、よく就職本に載ってるアレです。
・志望動機
・やりたいこと
・やれること
・いままでやったこと


ま、そんなこんなで、面接官お疲れ様のうたを唄いながら寝ます。
(残念ながら、午前2時でした。)


いやはや、ビジネスって大変。
覚えることが雲の数ほどあるもの。

うわぁー

なんか、Xbox360で、FF13が出ちゃうのね。 うわぁー。 日本も発売してよね → スクエニさま。

丁寧に

丁寧に生きねばならないな。
ひとつずつ丁寧に、そして迅速に。

出したものは、ちゃんと仕舞うとか、
相手のことを考えて、断りを入れるとか
無意識にやってしまいがちなことは全部
丁寧にやっていかないとなぁ。

忘れられない漢字の覚え方

漢字を絶対に覚える方法というのを、小学校のときに、何かの本で読んだので、ご紹介します。

二度と忘れない漢字の覚え方

覚えたい漢字を60秒間、じっと見つめる。目をそらさない。

ただ見つめるだけ。特徴を眺めてもいいし、意外な発見をしてもいい。ただ見る。

そして、60秒後に何も見ずに書いてみる。

書けなかったら、また60秒間見つめる。

書けるようになるまで繰り返す。

以上!

まとめ

そんわけで、これだけです。いたってシンプル。

自分はこれで、薔薇も覚えました。いまだに忘れていません。

ぜひお試しを。