輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

運命

運命に逆らえば運命に支配され、運命に適応すれば運命を支配できる

タルムード

大人すっきり。

たぶん、すっきりとした体型の大人を表現した言葉なんだと思う「大人すっきり ビフィズス菌」。
これ、最高に日本語を破壊する言葉じゃん。
てにをは、を省略したうえに、倒置しやがった。
マジやべぇ、ぱねぇよ、全然外国語!
よりも、半端なく日本語じゃない。

財産

勝つ者がすべての財産を奪われても、自分という財産がある。

経済学の父こと、アダム・スミス

短縮URLは、http://goo.gl/Kqfn

Googleの短縮URLサービス、「http://goo.gl/」ですが、うちのブログは「http://goo.gl/Kqfn」です。「Kqfn」、「けーきゅーふん」ですね。

ちなみに、アクセス統計は「http://goo.gl/Kqfn+」で見れます。

話は、すべて聞いた方がいい。

今持っている境界条件だけで判断しては、正しい答えを出せない。

逆ポーランド記法

普通、学校では「1+2」という感じで数式を書く。

でもそれをコンピュータに解釈させる際には、ちょっと違った形で記述する。

それが逆ポーランド記法だ。(ポーランド記法もある)

逆ポーランド記法

ルールはいたってシンプル、演算は後に書きやがれだ。

たとえば、先ほどの「1+2」なら、演算である「+」を後ろにやり、「12+」とする。

これをコンピュータが解釈するときは、頭から「1」を取り出し、「2」を取り出し、「+」が来たら、その前2つの数字を「+」する。

また複雑な系では、「3*(1+2)」は「312+*」となる。

これ頭から「3」を取り出し、「1」を取り出し、「2」を取り出し、「+」が来て、その前2つの数字「1」と「2」を「+」して、「*」が来たらその前二つの数字、つまり「1+2」の結果である「3」と、その手前にあった数字「3」を「*」する。

基本的に括弧を使わずに数式を頭から解釈していけるのが逆ポーランド記法の素晴らしいところだ。

歩く練習

歩く練習をしています。

人生という道に迷わず進んでいけるように歩いています。

期待

年下には期待する。

その問題を直してくれるかもしれないからだ。

年上には期待しない。

信頼するか、失望するかのどちらかしかない。

さて、自分はどう思われているだろうか。

スタートダッシュ

技術は、スタートダッシュが肝心だ。

誰よりも先んじて始める事と、誰よりも先んじて問題にぶつかる事。

決して、納期に間に合うだけでいい、って言うな。

先手、先手を打っていけ。

歩こうとした

転んだ人を笑ってはいけない

なぜなら彼は歩こうとしたのだから

って、ルソー(Jean-Jacques Rousseau)の言葉として紹介しているサイトもあれば、そうでなくて米倉誠一郎氏の言葉として紹介しているサイトもある。

だけども、どうも最初に紹介したサイトを見ると、こうだった。

失敗を前提とした社会を。

転んだやつを笑わない――歩かなければ転ばない。

ベンチャーや新しいことにチャレンジする人たちを支援していこう

米倉誠一郎

@IT「いったいITって何?」より。

泣いて生まれて、笑って死ぬ!

When you were born, you cried and the world rejoiced.

Live your life so that when you die, the world cries and you rejoice.

あなたが産まれてきた時、あなたは泣いて、世界は笑っていたでしょう?

だからあなたは、こういう人生を送りなさい。
あなたが死ぬ時に、世界が泣いて、あなたが笑っている。

Cherokee「Native American Proverbs and Wisdom

生きる資格

If I wasn't hard, I wouldn't be alive.

If I couldn't ever be gentle, I wouldn't deserve to be alive.

強くなければ生きていけない

優しくなければ生きている資格がない

Raymond Thornton Chandler "Philip Marlowe"

取り戻せない10年

取り戻せない人生がある。

取り戻せない過去がある。

取り戻せない10年がある。

だから、先に10年を取り戻そう。

今から始まる10年をやり直す、10年後のために今からやりなおせ!

とは、言わない。

10年後のためにやり直さなくていい。

取り戻せない人生があったって、いいじゃないか。

女の武器

涙は女の武器じゃない。

女の武器は心からの笑顔。

GACKT