輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

仕事も恋も

ひょっとして、部下になった人に対して行うべきことは、恋人になりたい人に行うことと同じではないか。

つきあって欲しい、遊びで終わって欲しくない、優しくして欲しい、簡単に諦めて欲しくない、真剣になってほしい、もっと何をして欲しいか想像して欲しい。

全部、仕事に対して、そう思うじゃないか

前倒しの仕事術

先延ばしは「時間の借金」と同じ。早く始めれば「利息」がもらえる。

中井紀之「「前倒し」仕事術! ムリなく始められる、3つの習慣」

自分の思っていることをやること

自信をつけるには、「自分の思っていること」と「していること」を一致させる習慣を身に付けることが大切です。

青木仁志「一生折れない自信のつくり方」

夢の想像

誰に言われるでもなく、勝手に想像してワクワクしてしまうようなんが夢やねん。考え始めたら楽しゅうて止まらんようになるんが夢やねん。そういう想像のしかたを大事にせなあかんねん。

水野敬也「夢をかなえるゾウ」

学ぶ力の背骨

「先生、このペースだと200ページ、終わらないんじゃないですか」

「スピードが大事なんじゃない。すぐ役に立つことは、すぐに役立たなくなります。何でもいい、少しでも興味をもったことから気持ちを起こしていって、どんどん自分で掘り下げてほしい。そうやって自分で見つけたことは君たちの一生の財産になります。そのことはいつか分かりますから」

橋本武(灘高校教師)

誰かが豆を植えないと、千年たっても実らない稲しか生えてこないから。

萩原浩「メリーゴーランド」

細かさの限度

仕事を細かくやるのはいいけど、限度ってあるよね。

生きるための戦い

死は恐ろしい

だからこそ、生きるために、死と戦い続ける!

天才は先に進んでいる

天才は、まずゴールとなるアイデアを創造して、それを実現する為に必要な小さなアイデアを実現していく。

凡人は、その状況を分析し、小さなアイデアを思いつく。

天才は、ゴールから退化した小さなゴールを設定していく。

凡人は、小さなゴールを達成し、大きなゴールの価値に気付いていく。

天才は、一足飛びに大きなゴールの価値に気付いている。

凡人に、それを与えても、そのゴールの価値に気付きもしない。

だが、やがて気付くのだ。

その時代に、その発明を行ったという天才さに。

人を優れさせるもの

人を優れさせるのは、その人の心と人格よ。

Mass Effect 2

復讐の転化

復讐によって、恨みを晴らすことなんかはできない。

それくらいは誰もが気付いているが、それでも抑えられないのだ。

ならば、どうする。

ひとつあるとすれば、転化することくらいだ。

しかし自分ひとりでは難しい。

他人が親切にしたり、他人が優しくすることで、恨みを優しさに転化できる。

もし誰かを恨んでる人がいたら、優しくしてあげてほしい。

人材

即戦力なんて存在しない。だから育てるんだ

Steven Paul Jobs

仕事とバレンタイン

その仕事が何であれ、お客さんのやりたいことを理解して、それを実現する方法を考えて、その方法を具体化して、実践するっていうのが、仕事のやり方だと思う。もちろん、お客さんが実現する方法を考えてくれたり、具体化した後の実践は、お客さんにしかできないこともある。

そのお客さんのビジョンに大して、計画を立てて、戦略を練り、そして労働力によって、実現する。

この流れは、会社でも同じだし、個人の野望でも全く同じ。

バレンタインにチョコをあげて、彼氏ゲット!というのは戦略で、ビジョンは彼氏ゲットの先の「いちゃいちゃ」。労働力は、当然、おいしいチョコの制作。

「いちゃいちゃ」が達成出来るのであれば、戦略はバレンタインのチョコである必要はない。

1 or 0?

きみたち、「臨機応変」って言葉を知っているか?

仕事ってのは、役割を決めてやるものだけど、その役割以外のことをやってはいけないってことじゃない。「言われてないからやりません」なんて、言ってくれるなよ。

必要そうだと思うなら、目をそむけずに、楽しようなんて思わずにきっちりやれよ。

権限!

Visual Studio 2005は、2005年末に発売され、Visual Studio 2008は、2007年末に発売されました。いまは、その後継バージョンであるVisual Studio 2010も発売されています。

で、それぞれでC#言語のバージョンは、2.0、3.0、4.0とバージョンアップして、少しずつ構文に改良が加えられています。

で、そんな中でだ!

いまさら「Visual Studio 2008対応実験」はないわなぁ。

いまさら「互換性を気にして書け」だ?

それに社内では、昨年に「Visual Studio 2008」へ以降が始まってるのに、ほんと、いまさらだよなぁ。

はぁ。

別に実行環境を変えているわけでもあるめぇし。

変わっていくべきだ

というか、少しずつ変えていく事ができないやつの言う事は「1から書き直したい」→「新しいの作ります。こんなに素晴らしいですよ」→「こういう問題がでました。」→「1から書き直したい」→無限∞

ちっくしょう、もっと権限!