輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

ブレイントラスト

難しいのは、人間が成熟していく一方で、子供のような瑞々しい感性を失わずにいるためにはどうすればいいのか、ということだ。

エド・キャットムル (ウォールト・ディズニー・アニメーション社およびピクサー・アニメーション・スタジオ社の社長)
Edwin Catmull (president of Walt Disney Animation Studios and Pixar Animation Studios)

それが愚かであると決めつけない

誰もが天才です。けれど、もし、あなたが魚には木を登る能力があると思っていたら、魚が愚かであると信じて、生涯を過ごすことになるでしょう。

Everybody is a genius. But if you judge a fish by its ability to climb a tree, it will live its whole life believing that it is stupid.

アルバート・アインシュタイン
Albert Einstein

輝く可能性

自分で自分の可能性っていうものを、まだ信じているからじゃないかな?

課題あってこその成長だから。

ぬるま湯の中につかってたら、もう自分の成長はないから。

人生もこれ以上輝かないから。

荒木水都弘

反抗期

中学生にもなると、反抗期になったり、迷ったりもする。

それはたぶん、「大人になったのに、大人として扱ってもらえない」から。

だから、周りの大人に反抗したり、子供っぽい同級生に当たってみたり、大人になりきれない不安や大人になってしまった不安に迷ったりする。

だからね、もっと、周りの大人が、ちゃんと子供たちを大人として扱ってあげないと。

ちゃんと、大人になるために、子供たちを大人に導いてあげないと。

創造者

例え、どんなにつまらない映画があったとしても、批評するオレよりも映画のほうが上だ!もし、映画がウンコでも、オレはそれをエサにしてしか生きていけないハエなんだ。批評することは簡単だけど、創ることは難しいぜ!

江頭 秀晴

妥協しない!

今日、悔しがれるだけのことをしたか?

問題は未来

問題は未来だ。だから私は、過去を振り返らない。

ウィリアム・ヘンリー・"ビル"・ゲイツ3世

William Henry "Bill" Gates III

失敗にも負けずに進むこと

私たちのつとめは成功ではない。失敗にも負けずさらに進むことである。

Our business in life is not to succeed, but to continue to fail in good spirits.

ロバート・ルイス・バルフォア・スティーヴンソン

Robert Louis Balfour Stevenson

負けたくないもの。言い訳できないもの。

才能で負けるのはまだ言い訳が立つ、しかし誠実さや、勉強、熱心、精神力で負けるのは人間として恥のように思う。他では負けても、せめて誠実さと、精神力では負けたくないと思う。

武者小路実篤

Never Quit!!!

一度でもあきらめてしまうと、それが癖になる。絶対にあきらめるな!

If you quit ONCE it becomes a habit. Never quit!!!

マイケル・ジェフリー・ジョーダン

Michael Jeffrey Jordan

一番高く上がるのは

凧が一番高く上がるのは、風に向かっている時である。風に流されている時ではない。

Kites rise highest against the wind – not with it.

ウィンストン・レナード・スペンサー=チャーチル

Sir Winston Leonard Spencer-Churchill

前に進む原動力

束縛があるからこそ、私は飛べるのだ。悲しみがあるからこそ、私は高く舞い上がれるのだ。逆境があるからこそ、私は走れるのだ。涙があるからこそ、私は前に進めるのだ。

マハトマ・ガンジー

人の価値

人の価値は地位や財産や名誉じゃない。死んだ時、何人の人が心から悔やんで涙を流してくれるかだ。

家なき子

評価とは

評価とは、常に他者により行われるべき事であり、自己評価は自己満足に過ぎません。

主よ、人の望みの喜びよ

この世のもっとも純粋な喜びは他人の幸福を見ることだ。

三島由紀夫

ゲーム業界に巣食う闇

たぶん、どの業界にもあることですが、私のつとめる会社は、多分にゲーム業界に関わりが深いため、それをベースに話をします。

業界団体について

ゲーム業界には、IGDAという団体があります。以下、Wikipediaより引用。

国際ゲーム開発者協会とは、コンピューターゲーム開発および産業を支援するNPO団体。 ゲーム開発者「個人」を対象としており、情報共有とコミュニティ育成を通した業界支援をミッションに掲げている。

この思想は非常に重要で、業界の発展に個人の育成は欠かせません。

もっと一般的なところの業界で言えば、経団連も業界団体と言えなくもないかと思います。

巣食う闇

もうそろそろ社会人10年目になるのですが、そろそろわかってきたことがあります。

業界団体で、ちゃんと活動されている方がいらっしゃる一方で、団体に参加していることで役目を全うしていると勘違いしている方がいるということです。

一緒にお仕事させていただいた、業界団体内では、それなりに有名な方の行動なんかは、酷いものでした。

一緒にお客さんのところにいって、話してきた約束事を平気で破る。会社にはまともに来ない。上司にも関わらず具体的な指示もしない。仕舞いには、お客さんとの定例ミーティングもサボり始める。

仕事の話してるのに、くだらない雑談を混ぜてきたり、ほんと最悪。ピーーーーーっ(自粛)

他の人でも、会社の仕事を放って、業界団体の仕事に行って、本当に本当につまらないレポート2行で終わらせてる人とか、ね。

まぁ、ここまで酷いのは、そんなに居ないと信じたいところですが、真剣に目の前の仕事に取り組んでる人の稼ぎで、何を楽しく食事してんだよって思います。

まとめ

さ、完全無欠に愚痴になってしまいましたが、つまるところ、業界団体の仕事自体は有意なものであると思います。

ただ、それに悪く言えば、ハイエナのようにぶら下がっている人がいて、何の役にも立っていないことを、いずれ解任されたり、社会的地位を失うのだとしても、もっと早く直さないと、この業界は低迷を続けちゃうだろうな、と思うですよ。

ゲーム作りは楽しいものだけど、そこに関わってくるハイエナには、本当に気をつけたいものです。