輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

いつだって

雨の日、晴れた日、寒い日、風の日、雪の日、雷の日、月の日、いつだって君を愛しています。
君の目覚ましになった朝、遠くから君を眺めていた昼、眩しさに嘆いた夕焼けの時間、ツインピークスと聞いて歯磨きを忘れてることに気が付いた夜、皿洗いで手が冷たくなったときも、どんなときも愛しています。
足を骨折して入院した日も、見舞いにきてくれた日も、一緒に勉強した日も、一緒にトランプで遊んだ日も、暗がりを手を繋いで帰った日も、雪山で過ごした夜も、雨で頭を洗った日も、本当にいつだって愛していたよ。
もう、これからは同じような道を進めないから、一緒に泣いたり笑ったりすることも少なくなるけれど、忘れないで、あなたは私の子供。大切な大切な小さな恋人。命を賭して守りたい人。
何も残せない私の願い、ただひとつ。「幸せにな\(^O^)/」
関連記事

ツッコミの投稿


(ツッコミ非公開の場合はチェック)