輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

再三のZorg紹介。

Zorgほんとにイイっ♪

基本的なシステムは簡単で、自分が人に見せたい写真をZorgサーバーにアップロードします。アップロードも簡単でWEBブラウザでできるのはもちろん、専用のアップロードツールを使うことも可能です。自分の写真を登録した後は、写真の名前をつけたり、その写真のカテゴリをつけたりできます。

面白いと思ったのは、他の人が取った写真を採点できる機能です。採点といっても(以前にも書きましたが)、「きれい」「たのしい」「クール」「ユニーク」「かわいい」「クリエイティブ」という評価ボタンがあり、それをぽちっと押すだけなのです。評価自体が簡単なので、他人の写真を見ているときにすぐにポチッと押してしまいます。また、ポチッと押したことは、その写真を撮った方には「お知らせ」として届きます。

そうすると写真を評価された人は、評価した人の写真も見たくなります(少なくとも私は)。こうして評価し合う関係が生まれ、またそれが写真を撮るモチベーションをあげてくれます。たとえば自分がすごく気に入った写真を撮った方から「きれい」という評価を頂けたら、すごい嬉しいのです。だから、また自分も他人の写真に評価したくなるのです。また、評価してもらえるかもしれませんから。

いや、ほんとお勧めなので、ぜひぜひ、ぜひぜひ、ぜひぜひZorgしてくださいね。

違う観点から

偶然か、必然か、運命か、幸か不幸か知りませんが、私はプログラマなので、このZorgのインタフェースがユーザーの観点に立って作られていることに気付きます。すごい考えられていると思います。

たとえば、評価することがボタンを押すだけというのはユーザーの心理にとっては「押して行くか!」という気にさせるだけのインタフェースでありますし、「新着フォト」や「注目フォト」は当たり前のような機能ではありますが、基本を抑えていて尚且つ、Zorg運営者さんの意図しているものなんだと思います。

なかなかすばらしいインタフェースを作ることは難しいですが、私もがんばって新しいものを作り出していきたいです。

P.S.サーバーが少々、重いです。

関連記事

ツッコミの投稿


(ツッコミ非公開の場合はチェック)