輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

1億人のゲーム開発者

XNA Game Studioで1億人のゲーム開発者育成を目指す

ちょうど私が10歳くらいまでは、ゲームなんて一人でも作れた時代があったそうです。そのころは開発って言っても、今みたいに数億円とかもかからず開発できたらしく、今の数億円体制なんてのはバカらしいです。

そもそもチーム体制にすることによって、余計な負担がかかっていることは間違いなく、人それぞれのやり方でゲームを開発するもんだから、そのすり合わせに余計なCPUコストを払っていることも間違いないと思います。

はてさて、そんななか時代の逆流をいく開発環境が整いつつあります。それがマイクロソフト「XNA Game Studio」です。XNAを使えば、Xbox360上のゲームを簡単に開発できますし、PCへの移植も簡単です。マイクロソフトの正式なサポートを受けるにはお金がかかりますが、そんなものは時間とともにネット情報で不要となることは間違いありません。

現状ではまだDirectXの知識やC#の知識が必要不可欠で、単にサウンド屋さんやデザイナーさんだけで作れるものでもありません。だけど着実に着実にそのハードルは下がってきていると思います。前に書いた「Microsoft Expression」もそのひとつだと思います。それと、地味かもしれませんが、マイクロソフトのKB(Knowledge Base)サイトで使われている機械翻訳ソフトも着実に精度があがってきて、ゲームの海外移植を自動化できるようになるかもしれません。

前から思っていたことですが、ビル・ゲイツ氏が昔からやりたかったことは、ひとつだったんだと思います。ゲームだけに限らず、みんなが楽しめるものを作ること。それを作る人も使う人もが楽しめるものを作りたいという欲求が、ビル・ゲイツ氏のやりたかったことではないかと、そう思っています。ま、多少はずれてるだろうけど。

そんなわけで、ビル・ゲイツ氏、マイクロソフトに拍手。。

関連リンク

関連記事

ツッコミの投稿


(ツッコミ非公開の場合はチェック)