輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

脱アマグラマ

よく最近、他人と比べたときの自分の力量ってもんを痛感する。ぜんぜん他人よりも劣っている、そう思っている。ぜんぜん足りない、届かない。

そりゃまぁ、他人つっても年上だったり、同い年でも多く働いていたりする人と比べてしまうのだけど、それでも自分がその同じ経験をつんで、同じ場所に立てるとは到底思えない。自分の力を信じることも大事だけど、そう簡単には信じられない壁があるような気がする。

私は元々、ネガティブな人間だからそう思っているだけかもしれないけれど、たぶん事実だ。絶対足りない。不足している。アマアマプログラマだ。結局、プログラム以外の仕事に手が回せないほど、プログラムしかできない。プログラムだって結局は自己満足のコードしかかけない。しかも自己満足ってのも、そのときの自分が満足する程度のコードしか書けない。みんなより下手糞だ。

もっと蔑むべきは、そんなコードしか書けないのに、ろくに苦労も努力もしないってところ。たいしたことない自分なのに、努力しないってところ。そりゃあ努力の切れ端くらいの切っ掛け程度の行為はしてみるけど、結局続きやしねぇ。

ダメだぁ。

関連記事

ツッコミの投稿


(ツッコミ非公開の場合はチェック)