輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

加納朋子「ぐるぐる猿と歌う鳥」、読了

加納朋子さんの「ぐるぐる猿と歌う鳥」を読みました。子供向けでもあるので、非常に読みやすいです。いつも加納さんの本は読みやすいのですが、いつにも増して読みやすかったです。

内容は、子供の視点で考えたドキドキわくわく冒険談、かな。それこそ龍や怪物なんてものが出てくる素人くさいファンタジーではなく、子供のころ、日常にありふれていたファンタジーがこの本にはあります。なぜ、あんなに一所懸命、小石を集めてたんだろうとか、ビー玉が宝物だったときのこととか、色々思い出します。

そんなこんなで、この夏も終わりかけで、読書の宿題もしていないお子さんがいたら、ぜひお勧めの一冊です。感想文を書くのは、こりゃまた才能がいりそうだけど。

関連記事

ツッコミの投稿


(ツッコミ非公開の場合はチェック)