輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

ロストプラネットをやった。

ロストプラネットの新品が3980円で売ってたので買ったら、11月に廉価版が発売されるらしかった。。と、そんなこんなで、この土日はロスプラ、ことロストプラネット三昧でした。

感想

カプコンさんには悪いですが、私はあまり面白いとは思えなかったです。まぁ、よく言えば卒がない、悪く言えば、いまいち面白みにかけるゲームでした。

ストーリー自体に関して言えば、大筋は面白そうなのに、実際見てみるとコレっぽちも面白くない洋画のような仕上がりでした。アクション性に関していえば、可もなく不可もない操作感で、いまいち気持ちよさがないというか、やっぱり面白みのない感じでした。

オンライン対戦に関して言えば、ま、こんなもんかなって感じでしたが、あえていうなら、本編とオンライン対戦部分の面白さはドッコイドッコイでした(悪く言えば、両方そろって一人前)。

全体的に言えば、7000円も払って買おうと思うほどのゲームではないという感じです。話題先行な印象です。4000円ならもっと売れたでしょう(11月から3000円)。

はい、いつもの点数は6点(10点満点中)。

MTフレームワーク

開発には、カプコン内作のMTフレームワークというのが使われているそうで、フレームワーク部分が協力なのはわかりました。おそらく3D関連のフレームワークなので、3Dモデルが浮いてしまったり、飛んでいってしまったりといったバグらしいバグはあまり見当たらなかったです。

ま、ただMTフレームワークの開発は、ロスプラとデッドライジング開発と並行して行っていたと聞きます。なので、まだまだこれからゲームの面白さを追及していってもらえたらいいなと思いました。

関連記事

ツッコミの投稿


(ツッコミ非公開の場合はチェック)