輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

Visual Studio 2008 Express Edition インストール

インストール

そろそろ、LINQやWPF、WWFなんかにも手を出すべきかと思い、重いおなかを凹ませて、ディスクを焼いて、Visual Studio 2008 Express Edition Beta2 をインストール。とりあえず、Visual C# 2008 Express Edition の日本語版をインストールしてます。

Visual Studio 2008 Express Edition インストール01
ディスクを入れたところ。ちょっぴりクールな感じです。

Visual Studio 2008 Express Edition インストール02 インストール中
C#インストール中です。.NET Framework 3.5とかWindows SDKがついでにインストールされます。前のページでSQLサーバーとかMSDNライブラリも選択できましたが、まだ自分には関係ないのでインストールからは外しました。

そして、C#をインストール完了(.NET Framework 3.5に手間取る・・。XPの人は、3.0も印ストールするのかな?)。
Visual C# 2008 ウィンドウ
2005と見た目は余り変わらない模様。。

C++もインストール。
Visual C++ 2008 ウィンドウ
やっぱり、普通。

.NETアプリ作成では、C#にWPFアプリが追加されてるくらいで、VS2005と大差ないように見える。まぁ、細かいところでVistaに対応してる印象を受けるけど、このまま家の開発環境は2008でもいいかもしれない。

あ、そうそう。VC2008の方にはちゃんと、「Win32プロジェクト」のテンプレートがありましたし、VC2008のオプションにはシンボルファイルのパスを指定するところがありました。ただし、「http://source.msdn.microsoft.com/symbols」はまだ生きていない模様。

一見、あまり変わってないように見えるけど、実はいっぱい変わってるんですかね。ちょいちょい使っていきます。

あ、ちなみに「_MSC_VER」は1500です。1310が.NET2003、1400が2005だったので、順当ですね。

関連記事

ツッコミの投稿


(ツッコミ非公開の場合はチェック)