輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツッコミの投稿


(ツッコミ非公開の場合はチェック)

ビジネスマン

不思議な話、みんな「働いている」って思っている。

ただ、その基準は、時間だったり、給与だったり、内容だったり、結果だったり、評価だったり、いろいろある。だから時間基準で「働いている」と感じる人に取って、「結果」だけを出す人は「働いてない」と思うし、「結果」を出す人に取って「時間」を目一杯使う人には「働いていない」(あるいは給与泥棒)と思う。「内容」で満たされたい人に取っては、「評価」をくれない人は糞だし、「給与」を与える人に取って「結果」を出せない社員は糞だ。

つまるところ、長時間働いて、給与も充実し、その内容も素晴らしく、結果はもちろん出しまくり、社内の評価も、社外の評価も、世間的な評価も素晴らしい人になれば、その人は、すばらしく働いている人。

でも、どう考えても、長時間働いたうえで、人生楽しめるのか。損してないか。仕事しかしなかったなんてのは嫌だし、仕事できなかったっていう人生も嫌だし、人生楽しめなかったっていう人生なんてもう最低だ。

だから、どれだけ短い時間の中で、人生を遊んで暮らせるだけの金を稼いで、出した結果も、働きっぷりも、評価も人様の斜め上をいってる、そんなビジネスマンにならねばならねば。

関連記事

ツッコミの投稿


(ツッコミ非公開の場合はチェック)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。