輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツッコミの投稿


(ツッコミ非公開の場合はチェック)

50年の淘汰

CD淘汰

CDは、流通がなければ売れないものでした。でも、iTunesストアを始めとする楽曲のダウンロード販売が定着しつつある世の中で、CD販売に関わっている業者ってどんどん辛くなってると思います。

また楽曲を作る側も変わってきていて、以前はCDにならないと日本中で売ることなんてできませんでした。でも、プロモーションは自分のホームページとYouTubeなどの有名動画共有サイトでできるようになり、始めから日本中、世界中に向けてプロモーションができるようになっています。つい先日もインターネット上でプロモーションしていた方がメジャーデビューを果たしました。こうしたネットデビューからCDデビューへの道が現在、徐々に増えています。

でも、いずれその流れもなくなるでしょう。CDという物理媒体はコストがかかりすぎますから。ましてネットだと始めから世界中に向けて発信できますから。

淘汰の先に残る者は

この話は別にCDだけに限ったことじゃありません。ゲームも動画も同じ話です。目と耳で感じるものは、すべて淘汰されてしまうでしょう。物理的に接触が必要なもののみが残るのです。

もっと先には、服をデジタル化することができるかもしれません。食料だって必要なくなるかもしれません。もはやSFですが、人間が移動することさえなくなるかもしれません。子供を残す必要さえもなくなるかもしれません。

さて、今後50年でどこまで淘汰が進むでしょうか。

関連記事

ツッコミの投稿


(ツッコミ非公開の場合はチェック)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。