輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

1700万円の通帳を拾った時

法律で決められているとか、アホじゃまいか。

法律は遵守すべきものだけど、すべての法律が完全無欠の正しさを持っているわけじゃない。法律は、守るべき物の指針を示しているだけで、必ずしも守る必要はない。もちろん、そこに正義がある限り、だ。

だから、遺失物法は、もう少し、深く考えて、改正すべきだと思う。

第三章 費用及び報労金

第二十八条

物件(誤って占有した他人の物を除く。)の返還を受ける遺失者は、当該物件の価格(第九条第一項若しくは第二項又は第二十条第一項若しくは第二項の規定により売却された物件にあっては、当該売却による代金の額)の百分の五以上百分の二十以下に相当する額の報労金を拾得者に支払わなければならない。

「百分の五以上百分の二十以下」と遺失物の金銭的価値に対して、その割合にしている時点で変だ。費用がかかったのであれば、その費用、そして労う(ねぎらう)気持ちをお金にして支払えば良いと思う。それが菓子折りであるのも良いと思う。ましてや、物理的なものであるならまぁ、費用も労いも多いにあるかもしれないけど、軽~~いものを運んでくれたからといって、250万円もの費用を払える物か。

ましてや、裁判を起こすなど、意味がわからない。理解できない。

関連記事

ツッコミの投稿


(ツッコミ非公開の場合はチェック)