輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

SQL命令の分類

データベースといえば、SQL。でもよく知らない。だって、仕事には使わないもの。

だもんで、勉強中。ま、自分もアウトプットしつつ覚えていこうっていう魂胆。

命令の分類

命令とは、ようわ「SELECT」とか「CREATE VIEW」とかのアレ。述語のようなもの。

そんな命令には、大きく3種類の命令がある。

  • データ操作言語 (DML=Data Manipulation Language)
  • データ定義言語 (DDL=Data Definition Language)
  • データ制御言語 (DCL=Data Control Language)

各種の詳細を見ていく。

データ操作言語 (DML=Data Manipulation Language)

データ操作言語は、データ(「表」って呼ぶ)に対して、参照、修正(変更)、追加、削除の操作を行うものである。

SELECT
データを参照する。
UPDATE
データを修正変更する。
INSERT
データを追加する。
DELETE
データを削除する。

各命令の詳細については、また後述。

データ定義言語 (DDL=Data Definition Language)

データ定義言語は、データ(「表」ね)を作る操作を行う物です。

CREATE TABLE
データ・テーブルを作成する。
CREATE VIEW
データ・ビューを作成する。

テーブルとビューの違いについては、後述します。

あと各命令の詳細についても後述します。

データ制御言語 (DCL=Data Control Language)

データ制御言語は、先に述べた2つの操作を行えるかどうかを、許す、許さないを決めます。つまり、権限(アクセス権)を定義します。

GRANT
権限を付与する。
REVOKE
権限を取消す、取り下げる。

各命令の詳細については後述します。

命令の分類を覚える意義

最終的には、命令の分類は覚えていなくて構わないと思います。ただ、SQLを覚え始めたときには、各分類ごとに覚えるのが楽なので、強く意識して、各命令を覚えていくのが良いと思います。

ひとまず、以上

関連記事

ツッコミの投稿


(ツッコミ非公開の場合はチェック)