輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

借方と貸方

入ってくるものが「借方」で、出て行くものが「貸方」です。

現金が入ってきたら「借方」に記入して、出て行ったら「貸方」に記入します。

例1:現金で商品を仕入れた場合

借方貸方
勘定科目金額勘定科目金額
商品¥10,000現金¥10,000

現金で商品を仕入れた場合、現金は出て行ったので、貸方に記入します。

例2:商品を売った場合

借方貸方
勘定科目金額勘定科目金額
現金¥10,000商品¥10,000

現金が入ってきたので、借方に記入します。

補足

前述の例は、分記法で仕分けしています。三分記法で仕分けすると以下のようになります。

例1:現金で商品を仕入れた場合(三分記法バージョン)

借方貸方
勘定科目金額勘定科目金額
仕入れ¥10,000現金¥10,000

三分記法では、「仕入れ」を使います。

例2:商品を売った場合(三分記法バージョン)

借方貸方
勘定科目金額勘定科目金額
現金¥10,000売上¥10,000

三分記法では、「売上」を使います。

ツッコミの投稿


(ツッコミ非公開の場合はチェック)