輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツッコミの投稿


(ツッコミ非公開の場合はチェック)

連載「データベース技術」:3つのデータモデル

前回「連載「データベース技術」:データモデルとは?」では、データモデルについて説明しました。今回は、データモデルにも種類があるってことを説明したいと思います。

3つのデータモデル

前回の例では、家計簿をデータベースにしようということで、下記の表を考えました。

日付金額目的
2013-2-11¥2,940理工書
2013-2-15¥346 食費
2013-2-16¥280 珈琲

この程度の表を作る程度であれば、簡単に現実世界の情報をピックアップし、データモデルを作り、実際にデータを作ることは簡単にできそうです。

ですが、実際には3つのデータモデルを順に作成します。

現実世界の情報 概念データモデル 論理データモデル 物理データモデル

まず現実世界の情報を、概念データモデルにし、さらに論理データモデルにし、物理データモデルにします。

直接、現実世界の情報をデータベースに入力するようなことはしません。

理由は、おおよそ、下記のようなものです。

  1. 要求の変化に柔軟に対応するため
  2. データベース管理システム(DBMS)の変化に対応するため
  3. データモデルの不具合が、全体に波及しないように

それぞれの役割は、下記の通りです。

概念データモデル
現実世界の情報を、そのままの形で記録したものです。ユーザーからの見た目をそのまま記述します。だからこそ、データベース管理システム(DBMS)に依存しないように作成します。扱う情報に適切な名前をつけます。その情報が取り得る値の範囲を蹴ってします。数値であれば上下限値、小数であれば桁数。文字であれば文字数や使用可能文字などです。また、その情報が他の情報とどういう関係があるかを記録します。先の家計簿で言うと、日付、金額、目的が概念データモデルです。
論理データモデル
概念データモデルをデータベース管理システム(DBMS)に入力するために作成します。ようわ、概念データモデルをDBMSに入力すると、それがそのまま論理データモデルです。ただ、入力するためにはある程度変形は必要かと思います。先の家計簿で言えば、Excelの表形式にします、というのが論理データモデルです。
物理データモデル
物理的な記録媒体への格納方法を示したものです。ファイルにするのか、何にするのか、です。先の家計簿で言えば、Excelファイルのファイル形式が、物理データモデルです。

ということで、次回は、もっと詳しく説明しましょう。

関連記事

ツッコミの投稿


(ツッコミ非公開の場合はチェック)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。