輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

パンプキンシザーズ

憤慨の日々だった。 任務を全うせんとするたびに現れる"障害"…そのほとんどが私利私欲のために、民を貪る"人為戦災"だった。 奴らはいつも手の届かぬ所にいた… 金で、暴力で、権力で、その身を幾重にも守っていた。 そう…、まるで、ブ厚いカボチャの皮のように。 …刃が必要だった。 万聖節の前夜にカボチャに細工を為す鋏、「南瓜抜き鋏」のような頑健で強大な刃!! だから我々は名付けたのだ。いかな外皮をも斬り裂き断ち割るために。だから我々は名乗るのだ… そう! 誇りを持ってパンプキンシザーズの名をッ!!!
関連記事

ツッコミの投稿


(ツッコミ非公開の場合はチェック)