輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

素数パレード。

素数というのは、
自分自身と1以外で割り切れない2以上の正の整数のこと。
たとえば、7という数字は、7と1以外の正の整数で割り切れない。
つまり、7は素数。

というわけで、素数を並べてみる。
2,3,5,7,11,13,17,19,23,29,31,37,41,43,47,53,61,71,83,97,113,131,
151,173,197,223,251,281,313,347,383,421,461,503,547,593,641,691,
743,797,853,911,971,1033,1097,1163,1231,1301,1373,14471523,1601,
...
というわけで無限に続きます(ユークリッドさんが証明している)。
あ、さて。

双子素数というものがあります。
これは、[3と5]や[5と7]のように、その差が2である素数の組のことです。
他にも、[11,13] [17,19] [29,31] [41,43] [71,73]などがある。
双子素数は現在のところ無限に存在するかもしれない。
(無限に存在すると証明されているわけではない)

双子素数があれば三つ子素数もあります。
これは、[3,5,7]のように、その差が2である3つの素数の組のことです。
が、これは[3,5,7]しか存在していないそうです。
ということは、1や9が素数でないので、
「四つ子素数」というものは存在しないことになります。

今度は、素な素数の話をします。
素な素数とは、23のように、右の数字を切り取っていって
最後の一桁になるまで素数である、いわば「素数の中の素数」のことです。
23の場合、23は素数で、2も素数ですので、素な素数といえます。
逆に左から切り取っていくのもありで、
223の場合、223は素数、23も素数、3も素数で、素な素数です。
大きい桁の素な素数の例として、
7331とか73939133などがあります。
7331,733,73,7
73939133,7393913,739391,73939,7393,739,73,7

ラスト。回文素数
これは、「喰い逃げに行く」のように、
左から読んでも右から読んでも「クイニゲニイク」になるような素数です。
たとえば131,151,313,727などが回文素数です。

うん、満足。
関連記事

ツッコミの投稿


(ツッコミ非公開の場合はチェック)