輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

感想FF7AC

今、FF7AC見終わりました。

まず、映像に関して。
確かに、景色の綺麗さは目立った作品だった。
人物にしても、髪の毛の綺麗なこと(ま、マダマダ本物とは言えないけど)
あとは、所々テクスチャ(つまりキャラクタとかの表面の画像)が微妙だったりするのだけれど
それでも映像に関しては、もはやアニメと実写とは別の表現手段として確立された感がある。
もう服の質感は「本物?」って感じだし。

次、サウンドに関して。
やはりスクウェア(エニックス)らしく、
クラシック系がステキです。
セフィロスのコーラスもグッドですよー。
だけどロック調の部分とか、音楽と映像をリンクさせようと
している部分の音楽は、バッテン。


ストーリーに関して(ねたばれなし(主観で)) ストーリー・・というか、世界観は、まず何よりも
FF7オリジナルの世界観が生かされていて、
あ! とか、 お! とか
そんな驚きが蘇ったり、
あれ? とか、 どこだっけ? とか
疑問に思っちゃう部分もあります(単に忘れてるだけ)。

ちなみに。
FF7の登場キャラは、もれなく出るって感じです。
みんなみんな惜しげもなく出てきます、花売りさんも(笑)。

こーなって初めてわかるけど。
やっぱFF7オリジナルの絵は汚いねー。
ムービーはまだマシだけど、実機(つまり操作時の)
ポリゴンの粗いことったらありゃしない。
リメイク希望かも(FF8も9も欲しいなっと)。


それにしても。
いったいテーマソングって何なんだ?
ほんと、テキトーな扱いだな。



買っていいと思うよ。
通常版は。

なんでオマケだらけの25074円買ったのかしらー。
関連記事

ツッコミの投稿


(ツッコミ非公開の場合はチェック)