輝々凛々

ガンバるってことは、素晴らしい事だ。

仕事は何のための手段なのか?

Twitter / tarareba722: 11:38 AM - 12 Mar 13

今朝若い子が局長に「挨拶くらいちゃんとしなさい」と説教され、「仕事と関係ないよ」と愚痴ってた。「関係あるよ。所在確認、体調確認、他社員との関係確認、挨拶後の一声の掛けやすさと好感度の向上。挨拶はそれらを一秒でこなす超合理的な儀礼。だから会社は徹底させるんだ」と同僚。勉強になったw

けっこう、そういう人は多くいると思うんだよね。特に研究開発とか技術系。

「仕事は技術的課題を解決したら、OKなのか?」という問いに、どう答えます?

仕事は何のための手段なのか?

仕事の目的は、お金を得る事でしょうか? であるとするなら、極端「24時間死ぬまで休まず働き続けると死ぬ直前に1兆円差し上げます」な仕事があったら、やる? やらないでしょう。であれば、仕事の目的はお金を得るためではないでしょう。お金を得る事も手段だと思います。

では、仕事でお金を得る事は何のために必要なんでしょうか?

地位? 名誉? 生活? そういったところでしょう。その中に、「人との良い関係性」があれば、「挨拶は必要」でしょう?

では、再度問いましょう。

仕事は技術的課題を解決したら、OKなのか?

何もしないことだけはしない。

何か仕事で怒られることがあったとしても、それに落ち込むことはない。

その真意を理解して、ただただ、それを実行するだけでいい。

いままでやれなかったことを反省して、次にやれるようになっていればいい。

何度もチャレンジして、いつかやれるようになればいい。

何もやらないことだけは、しちゃいけない。

さらっというよね

最近、さらっと、会社やめることと、出向するかもってことを言われて、??

まぁ、会社やめるのは、まぁ、そんな気も、まぁ、してたので、まぁ、いいんですが、さらっと言われると、どきっとしちゃいますね。送別会しよっと。また、前にやめてった同期も誘って、やろっと。

次が、ビックリなんですが、出向(ここでいうのは法律上どうこう考えずに書いてるのでアレです)ですって。えーって感じ。本人の意志確認はこれからでしょうが(本人って私ですが)、何だかなぁ、、です。

他の会社で働いたら、そりゃ、うちにいる意味ないですが、もちろん会社を育てるためだから、まぁ、いいんですが、今まで行ってた人もいるのを見てると、それが本社に反映されているようにもあまり見えません。自分は比較的ストレートに言っちゃう方なんで、それが役立つならいいですね。

でも、離れるのはやっぱ寂しいな。

ランチ

結構、自分は毎日のランチ、というか食事はテキトーにはとらない。こだわりをもっている。

よく毎日同じ仕出し弁当とか、毎日同じコンビニ弁当な人がいるけど、あれは駄目になると思っている。

なんでって、なんかバカになりそうだから。

別にバカ(と書いて「純粋」)でもいいんだけど、考えない人にはなりたくない。

毎日違う味を口から取り込んで、毎日違うお店で刺激を受ける。

そんなことを考えていたら・・・
出世する人、できない人のランチ

ね。

でも、別に出世欲が強い訳ではなく、単に、それが面白いから。

絶対、毎日いろんなもん食った方が、楽しい!

楽しくない事も全部全部含めて、楽しい!

人生、初めから時間は限られているんだ。

立ち止まってなんかいられなんないよね、まだまだ何が起こるかわかんないんだから。

どんどん楽しんでいかないと!

明日があるさ

1時間遅くまで仕事するのも、1時間早く仕事始めるのも、おんなじ。

2時間遅くまで仕事するのも、2時間早く仕事始めるのも、おんなじ。

3時間遅くまで仕事するのも、3時間早く仕事始めるのも、おんなじ。

本来、「明日があるさ」って、明日があるから言えるんだよね。

明日がなかったら、今日、今、やるしかない。

明日があるかないかって、自分である程度コントロールできるものだから、「明日がある」ために今はシャカリキに頑張るだけ。

絶対、人生成功してる。

昨日は24時くらいに帰宅して、翌朝は9時に出社。

そして帰宅は24時30分。

別に仕事がすきなわけでも強制されてる訳でもない。楽しい訳でもない。

でもね、やるよね。それが仕事だから。

これが自分に課した責任だから。

絶対、信じるしかない。

こんなに頑張ってる。絶対、人生成功してる。

絶対、「いい人生だ!」って胸を張れる。

そういう道を選んでる。そういう道に向かってる!

絶対、信じてる。

重要な意見

どっちの意見が重要なのかな?

文句を言う人。

何も言わない人。

どっちも重要だし、黙殺はできないけど、「何も言わない人」の意見は黙殺しがちってことだけは忘れちゃいけない。

特に、何かが変化することに文句を言ってる人には要注意で、多少、不便があっても、引きずってでも前へ進んでいく方が、絶対いい。

会社名の正しい英語表記を決める前に読んでおきたい記事

なるほどね、「Co LtdとIncの意味の違い」を読んで、だいたいわかった。

そういうことだったのかーって感じ。

カンマの謎

先ほどの記事中にコメントもしましたが、「Co., Ltd.」のカンマの謎は、こんなことだったのかもしれません。

"Nippon Company, which is a limited company"のうち、"Company"を略して"Co."、"Limited"を略して"Ltd."。さらに"which is a"と"company"は、まぁ、なくても伝わる。

つまり。
"Nippon Company, which is a limited company"
"Nippon Co., Ltd."

バンザイ?

にしても

会社員で自分とこの会社の表記くらいは覚えておこうよって思う日々。

コスト意識

今日は嫌なことが二つもあった。

1つは、毎週の定例ミーティングに遅刻する人たちのこと。

1つは、コスト意識の低すぎるリハーサルについて。

なぜ腹が立つのか・・?

1つは、時間に対する意識が甘いことだと思う。時間はどうやったって取り戻せない。時間に遅れるということがどれだけの人の時間を奪っているのか考えているのだろうか。そして、こう言い訳するのだ。「時間が過ぎていることに気づきませんでした。」あるいは「誰も呼びに来ないから、始まらないかと思ってました。」

甘い!

なんで、こうも甘いのだろうか。時間の決まっている定例ミーティング。たかだか15分じゃないか。時間がずれることがあればこそ連絡もあるだろうけど、誰も呼びに来ないなら「ないだろう」とか「遅れるだろう」なんて見通しの甘いことを考えるんだろう。なんで?なんで?

もう1つ。お金をかけるべきところなのは確かなリハーサル、準備期間だとは思う。けれど、2時間の本番に対し、5時間もミーティングするなんてことはおかしい。意識している?リハーサルのための準備してなかったの?ねぇ。変だよ。

甘い!

言い訳すんなよ。自分をごまかすなよ。無意識の意識を無意識にやり過ごすなよ。意識の隅に追いやるなよ。

自分とは違う価値観を理解できない。だから腹立つんだろうなぁ。

プログラマという甘え

GIGAZINEの記事「プログラマーはなぜ夜遅くに仕事をするのか?という3つの理由」があまりにもバカバカし過ぎるので筆を執りました。

いわく

ポールさんによれば、プログラマは会議などで作業が中断されてしまうと、その時間だけでなく丸1日を無駄にする可能性もあるとのこと。

何なんこれ?ただの甘えやん

と、思わず関西弁丸出しで、つぶやいてしまいたくなるのが普通の人だと思います。

まぁ、確かに作業が中断されると効率は明らかに落ちるでしょう。気持ちの切替もいるでしょう。忘れてしまって、思い出さなきゃいけなくなることもあるでしょう。しかも、そんな中断される要因が様々にあるのです。お客様からのサポートメール、電話、後輩からの質問、テスターからの質問、指摘。会議、会議用の資料作り、レポート作り、システム管理者からの呼び出し、PCの急なトラブル、、、短時間でこれだけの要因を思い出せるわけですから、1日8時間に何度も中断されて、1日が無駄になる可能性もあるでしょう。

でも、ちょっと待って。

そもそも、こんなにも中断される要因があるのに、何故それを解決しようとしないのでしょうか。こんなにも中断される恐れがある、事実、存在する。であれば、それに対し何か対策をうって、解決しましょうよ。

たとえば、単純には人のいない早朝の時間帯に出社する。集中したいときは、集中したい看板をぶら下げておく。メーラーを1時間止める。会議の予定を把握して、資料作りする時間をちゃんと織り込んで、プログラミングする時間帯を調整し、できるだけ長時間プログラミングできるようにする。そもそも多少の中断でも「気持ちの切替」なんて言い訳して趣味のインターネットしたりしない。

いくらでも対策できるでしょ?

会社のルールで禁止されている?ならルールを変える努力をしよう。

そこを避けても、いつまでも変わらない。ルールは口に出して変えていくしかない。

なぜプログラマーに多いのか?

で、ふと思うのは、プログラマーにこういった言い訳をする人が多いのはなぜなんでしょうか。

たぶん、様々な答えはあるでしょうが、うちの会社で見てみると、フレックスタイム制、裁量労働制が諸悪の根源かと思います。

結局、「自由にできる時間」は自分のために使いたいですから、結局、フレックスも裁量労働も「サボるための制度」にしかならないんです。理想的には、仕事の時間内なんだから、仕事をするのが筋でしょう。けど、大人ほど子供じみた人間はいません。ルールは自分たちが自由に解釈して、自由に行使するので、自由な時間は何時間休憩をしてもいいのです(もちろん遅刻しても問題無し)。

ただ、そうはいっても社会的制裁があるわけですので、曖昧な境界線を自分で定め、経験則的に個人ルール化するのです。

では、フレックスも裁量労働も廃止してみてはどうでしょうか。

時代が動いていた

と思っていたら、こんな記事が出てました。

自分が挙げた問題点の他にも、フレックスといっても朝礼等で結局時間を縛られているなどの問題もあったりするようです。

でも、だから、結局はフレックスタイムなんていうものは何の役にも立っていないのでしょう。

代替案は思いつかないですが、少なくとも「甘〜いアマ〜いプログラマー」にだけは絶対ならないように気をつけようと思っています。

追記@2013-01-20T21:44

naoyaさん「エンジニアだからなんとか」にも同じようなことが書いてありました。エンジニアっていうことを言い訳にするなー!とだけ言いたい。

メール読め

メールを読まない人って何なの? 未読数1000とか・・・。


で、だいたいメールを読まない人って「メールだけじゃだめでしょ」とか意味わからない言い訳しやがる。


もちろん、だからこそ、メールを送った上で、呼びに行ってんじゃん。


意味不明だえ。

日曜日は仕事がはかどる

人がいないと仕事がはかどる?

だったら、朝早くにくればいいだろ?

気持ちの切替

気持ちの切替? 何それ? 必要ある?

言い訳してんじゃねぇ。ただ休憩したいだけだろ。

だったら、そう言え。

言い訳してることに自分でも気付いてんだろうが。

だったら、言い訳すんじゃねぇ。

仕事とバレンタイン

その仕事が何であれ、お客さんのやりたいことを理解して、それを実現する方法を考えて、その方法を具体化して、実践するっていうのが、仕事のやり方だと思う。もちろん、お客さんが実現する方法を考えてくれたり、具体化した後の実践は、お客さんにしかできないこともある。

そのお客さんのビジョンに大して、計画を立てて、戦略を練り、そして労働力によって、実現する。

この流れは、会社でも同じだし、個人の野望でも全く同じ。

バレンタインにチョコをあげて、彼氏ゲット!というのは戦略で、ビジョンは彼氏ゲットの先の「いちゃいちゃ」。労働力は、当然、おいしいチョコの制作。

「いちゃいちゃ」が達成出来るのであれば、戦略はバレンタインのチョコである必要はない。